ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【使い方イロイロ!】たまらんばい“永野 総一郎”のハウツーコイケシュリンプ!

寄稿:永野 総一朗(たまらんばい永野)

昨年リバイバルした「コイケシュリンプ」!

昨年から流行りとなった「沈む虫」、このタイミングで十年も前に出ていたハイドアップのワームが復刻となりました。

まあ…コイケシュリンプは虫ではなく、エビなんですが笑

ちなみにコイケの名前の由来は濃い毛。剛毛からきております。

そもそもは球体のコイケがオリジナルで、それも一昨年に復興しましたが、その初期モデルは…薄毛笑

今回は、サイズアップモデル「コイケシュリンプビッグ」の登場も記憶に新しい「コイケシュリンプ」シリーズの使い方をご紹介していきたいと思います。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

コイケシュリンプシリーズ

ハイドアップ公式「コイケシュリンプ」詳細ページはこちら

ハイドアップ公式「コイケシュリンプビッグ」詳細ページはこちら

とにかく見た目が印象的なコイケシュリンプ。基本はノーシンカー用で、周りの毛の動きはもう説明不要ですよね。

 

このコイケシュリンプなんですが、何かと色々な使い方ができます。

まず、現在コイケシュリンプにはノーマルサイズとビッグの2種類があり、ノーマルサイズはスピニングやベイトフィネス、ビッグサイズは14-16フロロのベイトタックルで扱えるサイズ感です。

 

どちらにしても、毛の動きが最も生きるのはノーシンカー状態

しっかりボトムを取る場合は、0.6〜0.9gの軽いネイルシンカーを挿入して使用します。

 

 

1 / 3
次へ