ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【こっちもあるぞ】水面を意識したバスに!メガバスの表層系クランク「オーバーレブクランク」に改めて注目!

夏。特に梅雨といえばトップがアツい。

というわけで、先日からご紹介しているメガバスの人気ルアー「O.R.C BURNING SHAD」が活躍する季節になりました。

Katsuu(かつぅ)の自信作!いよいよ登場が迫るメガバス「O.R.C. BURNING SHAD」を本人が超解説!

【いよいよ4月登場予定】ハイシーズンに使いたいぞ!あのメガバスの人気ルアー「O.R.C」のNEWシリーズに大注目

そっちもいいけど、こっちもいいぞ!今回ご紹介するのは、「O.R.C BURNING SHAD」の元となるオリジナルモデル「OVER REV CRANK」。

 

「OVER REV CRANK」(オーバーレブクランク)【メガバス】

言わずと知れたオーバーレブクランクシリーズの1作目。KATSUUさんが初期段階から最終形までテストを行い、水面または水面直下で明滅アクションを演出させることができるサブサーフェスクランク。

一般的にウォブリングアクションが多いクランクベイトですが、オーバーレブクランクは超ロールアクションを得意とするルアー。

Length Weight Type Other 本体価格
70mm 5/8oz. Floating Depth : 0.0 – 0.1m
Hook : #4 x 2pcs
1,890 円

メガバス公式「オーバーレブクランク」詳細ページはこちら

Katsuu/かつぅ(Katsuu) プロフィール

メガバスプロスタッフであり、そしてバンド「COUNTERCLOCKWISE」のボーカル&ギタリストとして活躍中! また近年はYouTubeチャンネル「Katsuu MOSH FISH TV.」での活動も目立つ、マルチな才能が光るイケメンアングラー!

 

ちなみにオーバーレブとは?

オーバーレブとは、車などのアクセルを全開にした時や、無理なシフトダウンなどで、エンジンの回転数が許容範囲を超えてしまうことを指す言葉です。超ロールアクションするということが名前にも表現されていて

つまり、このルアーは超高速回転(超ロールアクション)するルアーという意味がこめられています。

 

開発されたキッカケ

この「オーバーレブクランク」を開発することになったキッカケというのが、春から晩秋のオカッパリで、幅広く活躍するルアーを生み出すため。

春から晩秋のやや水面を意識したバスを効率よく獲っていくには、スピーディに広いエリアを探れるような、遠投ができるルアーが必須。その上でアイデアを出し合った結果、サブサーフェスクランクに決定したとのこと。

 

ただ、今までと同じようなフォルムやアクションをするモノを作っても仕方がないということで、着目したのが重心移動システム。

本来、サブサーフェスクランクというのはリップの角度が立っているので、巻き始めてもルアーが前傾姿勢になりにくく、重心移動を取り入れるのが難しいタイプ。

そのため、固定重心が一般的だったんですが、やはりオカッパリでの使用を考えると飛距離は重要。そこで重心移動システムをを導入することに。

 

LBO II (PAT.)を搭載

オーバーレブクランクには「LBO II (PAT.)」という重心瞬間移動システムが搭載されています。

出典:メガバス公式オーバーレブクランク詳細ページ

 

「LBO II (PAT.)」とは元のLBOを進化させ、シャフトレス化を実現させたもので、通常の重心移動のようにボールが移動するのではなく、シャフト状の低重心ウエイトが移動する構造になっています。

ですので、通常の重心移動より瞬間的にウエイトが戻るため、水平姿勢のサブサーフェスクランクにも搭載が可能というわけ。

さらに、シャフトバランサーと同じ低重心のシャフト状ウエイトなので、コレを軸としたロールアクションが可能に。

つまり、「LBO II (PAT.)」によって”飛距離”と”ロール”という2つの機能を手にできたんです。

 

「LBO」より進化したポイント
・従来のLBOをシャフトレス化
・更なる重心移動効率の向上とウエイトの低重心化
・飛距離の向上と泳ぎ出しの向上を実現

 

「GYRO(ジャイロ)・バランシングLBO」システムも搭載

ボディの側面はフラッシング要素を高くするため、フラットサイド仕様になっております。

フラッシング要素に加えて、音と明滅効果というアピールの要素も取り入れたいということで、メガバス独自の「ジャイロ・バランシングLBO」というシステムを導入。

出典:メガバス公式オーバーレブクランク詳細ページ

 

ジャイロ・バランシングLBOとは?

「ジャイロ・バランシングLBO」というのは、ルアーの回転軸にLBOを同期化させたシャフトをボディにマウント!さらにそのシャフトの上を転がるようにウエイトが移動するように設計された新機構。

おきあがりこぼしの原理で、強いスクリュー波動とサウンドを生み、より広域のバスにルアーの存在をアピールできるというシステム。

 

つまり、LBO II (PAT.)ジャイロ・バランシングLBO、2つの機能を搭載することで、より飛距離が出て、よりアピール効果の高いサブサーフェスクランクになったんです。この辺りは「O.R.C BURNING SHAD」にも引き継がれていますよね。

 

巻きスピード次第であらゆる使い方ができる

オーバーレブクランク」は、スローに引いても激しいスクリュー波動で水面をトレースさせることができます。

また、ノーマルスピード~ハイスピードでは水面から水面直下10cmという表層レンジをレベリングロールさせることも可能。

また超スロー引きでトップウォータークランクとしての使用もアリ。

出典:メガバス公式オーバーレブクランク詳細ページ

 

飛距離を活かして、広範囲をレンジを刻みながらタダ巻きでスピーディに。ここぞというポイントでは、トゥイッチなどの細かいアクションを入れて、その場でロールを伴う明滅効果でバスにアピール。幅ひろいシーズン、エリアで効きそうです。

 

1 / 2
次へ