ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新提案】シマノの「ビーストマスター 1000EJ」が電動ジギングをより軽やかにしてくれる。

電動でしか獲れない魚がいる。

「電動ジギング」という新しいジギングの切り口が、対象魚やスタイルの幅を確実に広げてくれる。

そして“手持ちの釣り”を快適にしてくれる軽やかなスペックの電動ジギング対応リールの登場が、さらにスタイルの幅を広げてくれる。

 

ビーストマスター 1000EJ 【BeastMaster EJ】

2020年7月登場予定

ハイパワー・ハイスピード・コンパクトボディにより、手持ちでパワーが求められる電動ジギングはもちろん、ヤリイカ、スルメイカや、ヒラマサ、ブリといったハードな船釣りにも幅広く対応。

シマノ公式「ビーストマスター 1000EJ」公式ページはこちら

 

電動ジギングとは

スピードを駆使し、人の手では不可能な動きを生み出す

電動ジギングの最大のメリットは、その巻き上げスピード。

人の手では実現できない高速リーリングが可能になり、また独自のモーター技術によりジャーク後のストップも思い通り。アクションの幅を広げ、今までに獲ることができなかった魚を手中にできます。

 

見つけたヒットパターンを正確に再現することが可能

巻くスピードなどを数値化できるのも電動ジギングならではのメリット。

それでいて、このビーストマスターは巻き上げ時間や停止時間なども設定できるため、シャクりのパターンを再現。1匹の魚をキャッチしたパターンで、さらなる釣果を積み上げることが可能となりました。

 

アングラーをサポートするEJならではのハイパワー

体力面をサポートしてくれるのも、電動ジギングならではのメリット。

1日中シャクり続け巻き続けるジギングにおいて体力の消耗は必然。ドテラ流しなどの場合も、電動リールによる巻き上げサポートは大きな助けとなります。

 

GIGA-MAX MOTOR搭載によりコンパクトボディでハイパワー・ハイスピードを実現

GIGA-MAX MOTOR

出典:シマノ公式「ビーストマスター 2000EJ」詳細ページ

ジャーク中にモーターをオフにするとピタッと回転が止まる「GIGA-MAX MOTOR」を搭載。

これにより、多彩なジグのアクションや操作性はもとより、シマノ巻上力68㎏・実用巻上持久力9.5㎏というパワーと最大巻き上げ速度215m/分というスピードを実現。

また、強化ギアシステムを搭載。さらに最大ドラグは15kg。大型青物にも対応できるスペックとなっています。

 

シマノ巻上力
(kg)
実用巻上持久力
(kg)
最大巻上速度
(m/分)
実用巻上速度(m/分)
1kg負荷
実用巻上速度(m/分)
3kg負荷
実用巻上速度(m/分)
5kg負荷
68 9.5 215 168 154 141

※シマノ巻上力とは、電源電圧13Vによる参考値です。

 

1 / 3
次へ