ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ついに!止まったまま誘い続ける“フラッシュブースト”搭載のエギ「セフィアクリンチ フラッシュブースト」シマノから登場!

止まったままでも誘い続ける。

そのコンセプトは、もはやエサ。

一部のバスルアーやソルトルアーに採用され、各地で好釣果が聞かれる「フラッシュブースト」機構がいよいよエギに搭載。

一般的なルアーフィッシングと比べると、じっくり見せる時間が長く、捕食の際はまず抱きつく…というのがエギングのスタイル。

フラッシュブーストの特長を考えたとき「効きそう」と思うのは記者だけではないはず。

 

そもそもフラッシュブーストとは

ボディ内部に、スプリングで反射板を吊るすというシマノ独自の機構。

ロッドアクション等の振動を利用、さらに内部のスプリングで振動を増幅させ、ルアーを動かさないドリフト中にも素早い“キラキラ”としたフラッシングで誘い続けるというもの。

参考記事

もはや”エサ”レベル。泳がせなくても誘い続けるシマノ「サイレントアサシン120Fフラッシュブースト」登場。

 

セフィアクリンチ フラッシュブースト 2.5号・3号

2020年7月登場予定

 

ベースは潮なじみの良い“パラレルフォール”が特長のシマノの名作エギ「セフィアクリンチ」。タイプとしてはエクスカウンター。

エクスカウンターの特長としては、横方向の動きで移動距離も短め。キラキラとアピールするフラッシュブーストをイカにじっくり見せられるというわけです。潮が早いポイントでは、ドリフトだけで充分アピールしてくれそう。

さらに、注目したいポイントとしては、振動し続けるという特長。振動し続ける…イカが抱いた時に「生命感」となって、離しにくくなるそうな。

これは、いやが応でも期待度大。

で、気になる価格は…というと、本体価格が1130円。お得感も十分あります。

 

カラーラインナップ

フラッシュブーストでアピールするには「ボディが透けていること」が必須。

透け感を最大に活かした、カラーラインナップにも注目。

 

001 Fモテモテピンク

002 Fライムブルー

003 FパープルK

004 FアボガドK

005 FエレガントRed

006 FオレCandy

007 Fキンアジ

008 Fケイムラエビ

009 Fブラウンエビ

010 Fバナナチャート

011 Fピンクチャート

012 Fオヨガセアジ

013 Fオヨガセイワシ

014 FピンクCandy

 

布なしヌード仕様のオヨガセアジ、オヨガセイワシ、ピンクキャンディ…気になりますね。

ギラギラの度合いも、布巻タイプとヌード仕様では異なると思われ、潮の濁り具合や、天候などで使い分ける…などのシーンも出てきそう。

内部の振動によるアピールで夜間なども良さげです。

追加の情報があれば、またお伝えしたいと思います!