ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

もはや”エサ”レベル。泳がせなくても誘い続けるシマノ「サイレントアサシン120Fフラッシュブースト」登場。

シーバスに、ヒラスズキに、青物に、ヒラメやマゴチといったフラットフィッシュに…その実績は十分。

飛ぶ、泳ぐ、釣れる。 人気のシマノ「サイレントアサシン」に新しいシリーズが登場。

「泳がせなくても誘い続ける」。 今回は、その実態に迫ります。

 

サイレントアサシン120F フラッシュブースト

2020年3月登場

シマノ公式「サイレントアサシン120F フラッシュブースト」詳細ページはこちら

 

あのサイレントアサシンにフラッシュブーストが搭載!

最大の特長はなんといっても「フラッシュブースト機構」が搭載されたこと。

フラッシュブースト機構とは、ボディ内部にスプリングで反射板を吊るし「キラキラ」とフラッシング効果で魚を誘うというモノ。

ロッドアクション等の振動を利用し、さらにスプリングで振動を増幅させることで、ルアーを動かさないドリフト中にも”キラキラ”としたフラッシングでアピールし続けます。

 

実際のキラメキはこんな感じ

 

平均飛距離は65.7m!

 

飛びと泳ぎを両立するシマノ独自の機構「AR-C重心移動システム」が標準装備。 オリジナル譲りの実釣性能を引き継ぎ、遠方のポイントも射程距離に。

また、最初は#4サイズのフックが2本が搭載されていますが、同サイズの太軸フックや1サイズ大きなフックでもしっかり泳ぎ、ランカーサイズに照準を絞ったゲーム展開も可能。

 

アクションはこんな感じ

出典: SHIMANO TV公式チャンネル

 

【鈴木斉×辺見哲也】豪華な顔ぶれによる解説もチェック

出典:SHIMANO TV公式チャンネル

出典:SHIMANO TV公式チャンネル

1 / 2
次へ