ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【作ってみた】普段使いの2ピースロッドを運ぶための自転車用ホルダー

全国のチャリンコアングラーの皆さん、お待たせいたしました!

今回はオカッパリやウェーディングで使うようなロッドホルダー(ホルスター)にちょっと手を加えるだけで作成できる、自転車用2ピースロッドホルダーをご紹介。

よろしければ、リアキャリーについての記事もご覧ください!

チャリンコ魔改造!荷物問題はすべて解決!オススメのリアキャリー

普段使うロッドが2ピースという方は多いと思うのですが、そんな普段使いのロッドを手軽に作成、簡単に自転車にも取り付けられますので、ぜひ挑戦してみてください!

必要なパーツは4つ!

・MINOURA(ミノウラ) BH-100M ボトルケージホルダー ¥1000~1500

・ロッドホルダー ¥1000~2000

・クッション材(食品に使われている発泡トレーでも代用可能)

・プレート¥100(100円均一ショップで購入可能)

総額4000円ほどあれば簡単に作成・取り付け可能! 選ぶものによってはもっとコスパよく作れます。

作り方はいたって簡単!ロッドホルダーにボトルケージホルダーを装着するだけ。

プレートでロッドホルダーとボトルケージホルダーを止めます。

工具のドリルなど使う際は不意のケガなどに十分に気を付けてください。

取り付け完成図、あとはボトルケージホルダーを自転車に装着して完成です!

ビスとロッドの接地面に両面テープでクッション材を貼ることで、移動中の段差などの衝撃緩和やロッドの傷防止となります。

ロッドホルダー装着場所は慎重に選びましょう。

足やペダルなどがロッドに当たらないよう、また曲がる際にハンドルと当たらないようにするなど、安全の確認も行いましょう。

ロッド装着完了です。

リールはカーブの際、車体に接触する可能性があったので取り外しています。

実際に行ってみての感想

全く問題なしの使用感!

急な坂道や段差、1時間の移動を経ても全く不便や不満を感じさせない安心の仕様でした。

運動不足の解消も併せて、ちょっとしたサイクリングも楽しめます。

これからの季節にチョイ釣りなどにもオススメです!ぜひチャレンジしてみてください!