ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2万チョイで高性能】ダイワのエギングロッド「エメラルダス・V」

最近「リーズナブルで高性能」なアイテムが各メーカーさんから多数出ています。上位機種と同様の機能がたくさん採用されていたりして、基本性能の差はそれほど大きくはないって流れになっていると思います。エントリー機種といいながら高性能!ってワケです。逆説的にいえば、さらに細かい違い(優位点)を求めるアングラーはやっぱり上位機種がほしくなったり。

出典:ダイワ

というわけで、今回ご紹介するのはダイワのエギングロッド「エメラルダス・V」です。

皆さんご存知かと思いますが「エメラルダス」はダイワのエギングブランド。エギングファンなら誰もが知っていると言っても過言ではないでしょう。上位機種に採用されている機能も、このエメラルダス・Vにもたくさん採用されています。

ネジレやツブレに強い
ロッドにはX45という、超大雑把に説明すると、ロッドのカーボンシートが縦と横に巻いてあるところに、さらにバイアス状に繊維を巻き付けた構造が採用されています。ロッドのネジレ、ブレが少なく、感度もアップしパワーロスも少なくなります。さらにブランクの一番外側はブレーディングX構造。カーボンシートによる締め上げでさらなるネジレ防止、高い強度、軽快な操作性になっています。

粘りや強度を重視したパワフルロッド
カーボンシートは高密度HVFカーボンを採用。カーボンシートをまとめるレジン(いわば接着剤的な)の量が少なく、その分カーボン繊維の密度を高めたものです。

フィット感あり
リールシートは「エアスラッシュリールシート」で吸いつくようなフィット感。人間工学に基づいて設計されているんですよ。

オールSIC・Kガイド
こちらも皆さんご存じKガイド採用(全機種)。ガイドへのライン絡みをシャットアウトしてくれます。

このあたりは上位機種にも採用されている機能です。これだけそろってお値段ナント20,000円(…はちょっと超えるけど、定価で21,000~21,400円です)。かなりお買い得だと思いますよ!

アイテム 標準全長(m) 継数 仕舞(cm) 標準自重
(g)
先径(mm) 元径(mm) エギサイズ(号) 適合ラインPE(号) メーカー希望
本体価格(円)
83ML・V 2.52 2 130 102 1.5 10.4 1.8~3.5 0.5~1.0 21,000
83M・V 2.52 2 130 105 1.5 10.9 2.5~4.0 0.5~1.2 21,000
86ML・V 2.59 2 134 107 1.5 10.9 1.8~3.5 0.5~1.0 21,200
86M・V 2.59 2 134 108 1.5 11.4 2.5~4.0 0.5~1.2 21,200
86MH・V 2.59 2 134 112 1.8 11.9 3.0~4.5 0.5~1.2 21,200
89M・V 2.67 2 138 113 1.6 11.9 2.5~4.0 0.5~1.2 21,400
89MH・V 2.67 2 138 119 1.8 12.4 3.0~4.5 0.5~1.2 21,400

 

ちなみにMとかMHなど、いわゆる硬さの表記について駆け足ながら説明しておきます。まずMを基準として考えます。

Mはオールラウンド。対応するエギのサイズも幅広く、どんな時でも安定したパフォーマンス。

MLは小さめ(軽め)のエギを繊細に、ナチュラルに動かしたい時に。具体的にはシャローでの新仔狙いなどに特に効果的。

MHはディープからのモンスター狙い、あるいは遠投したい時に。張りがあってエギにキビキビしたアクションもつけやすい