ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ウナギリグ【鰻RIG】デカバスに投入したい注目バス釣りリグを徹底解説【小林知寛が直伝!リグり方、アクション法ほか】

生きた鰻(ウナギ)をイメージしたバス釣り用新リグとして注目されているのが、 ウナギリグ!

注目されるキッカケとなったのが日本最高峰のバス釣りプロトーナメントで小林知寛さんが自作ウナギリグでロクマルをゲットし優勝してしまったこと!

2017年7月に奈良県・七色ダムで開催されたJBトップ50シリーズ第3戦で小林知寛さんが、自作ウナギリグで初日に4315g、61cmというロクマルをゲット、優勝を果たすことに!

ちなみにその時、使われていたモノがコレ!

ボウワーム12インチ高浮力モデルを中通しでセンター付近にフックセット(写真はストレートフックだが、61cmを釣ったものは同じ場所にオフセットフックをセット)。 ヘッド部に5gシンカーをぶら下げ、まるでウナギが底に泳いでいくように縦に落とすことにこだわったとのこと。 カラーはアカハラというイモリカラーで、着底の瞬間にギランと赤が見えることでビッグバスが反応してくれたとのこと

 

【JBトップ50第3戦・続報】「ウナギリグ」? 優勝・小林選手のウイニングルアーは??

 

デカバスの反応のよさが異常レベルだったため、小林さんとエバーグリーンがその後、製品版としてウナギリグに着手。
小林さんの自作したウナギリグはリグを作るのに恐ろしく手間がかかったため、何とか誰でも簡単にウナギリグが作れるようなリグパーツも開発しないと…ということで製品作りが進んでいったというわけ、そんな中で誕生したのが、コレ!

その名も「鰻RIG」という名のリグパーツアイテム

出典:エバーグリーン公式 鰻RIG詳細ページ

 

エバーグリーン公式鰻RIG詳細ページ→こちら

鰻RIGは以下のように2サイズあり!

サイズ 入り数 税別価格
M 2 600円
L 2 600円

ウナギリグMサイズ
フックサイズ:♯3/0
推奨ワーム:ボウワーム8インチ高浮力モデル

ウナギリグLサイズ
フックサイズ:♯4/0
推奨ワーム:ボウワーム12インチ高浮力モデル

 

鰻RIGに合わせる推奨ワームはボウワームの高浮力モデル!

 

出典:エバーグリーン公式 鰻RIG詳細ページ

もちろん、鰻RIGはボウワーム高浮力モデルだけでなく、ほかのロングワームと合わせてもOKです!

 

ちなみにどんな感じのリグセッティングになるのか?ですが…

リグセッティングがイメージしにくいと思うので、少し説明させてください
どんな感じのリグセッティングになっているかというと、図解が分かりやすいですよね!

 

シンカーについて!

シンカーは各自お好みのモノを! シルエットを小さくしたい場合は比重の重いタングステンものが◎
ウエイトは小林さんの場合は3.5g、5g、7gの3種を魚の反応を見ながらセレクト!

 

 

さぁ、この鰻RIGの登場で、誰でも簡単にウナギリグが使えるようになったわけですが、今回はよりウナギリグを知ってもらうべく、小林さんにウナギリグについて色々とお話を聞かせていただきました!

次のページから紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1 / 5
次へ