ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ギルフラットの最重要基本リグ「ネイルリグ」を詳しく紹介!一誠-村上晴彦の最新セッティングやタスキ掛けセットなども紹介

ギルフラットのリグセッティングを詳しく紹介

村上晴彦さんが一誠のギル型ワーム「ギルフラット」!

少し前にチョン掛けセッティングのやり方をお伝えしました!

村上晴彦がギルフラットの「マス針チョン掛け」AK赤松健セッティングを現場生解説!

 

今回はギルフラットの最重要基本リグ「ネイルリグ」の最新セッティング方法を村上さんに教えてもらったのでご紹介!

ちなみにどんな内容なのか? もう少し詳しくお伝えすると…

最近の村上さんのネイルリグセッティングの詳細や、最近村上さんが多用しているという「タスキ掛けセッティング」など!

この取材は動画でも撮影したので、まずは動画をぜひチェックしてみてください!

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

ちなみにイッセイ公式ホームページで紹介されているネイルリグのセッティングはこちら!

 

 

さぁそれではここからは写真なども使って詳しくご紹介!

村上さんがギルフラットのリグで最も多用しているネイルリグ・セッティング

ギルフラットの色んなリグの中で、もっともベーシックなリグとして知られるのがネイルリグ!

村上さんもギルフラットを使う時、最も多用するリグです!

でネイルリグですが、オフセットフックをセットして、お腹側にネイルシンカーを刺すというセッティングです。

ちなみにオフセットフックを上写真のようにまずはセット!

で、オフセットフックの重さで傾いた姿勢にならないように、バランスをとるべくさらに軽くて細いインサートシンカーをセットしたりもします!下写真参照

左右のバランスを取るためのバランスウエイトは細身タングステンタイプの「バザーズシンカーTGリーン」の0.45gか0.3gが◎。

 

 

ただ最近、村上さんは腹側に1.3g以上のネイルシンカーを入れる場合、バランスウエイトナシで使うことも多いとのこと

 

フックを刺す位置は、真ん中だとリグった時に引っ張られるので、それを計算に入れてほんの少し外側に刺すのがキモ

 

フックはカルティバ・マルチオフセットの♯4/0が◎

バランスウエイトだけでもいいけど、少しだけフォールスピードを上げたいとか、ちょい深めも狙いたい!という場合は腹側に平行にネイルシンカーを挿入!

腹側に入れるネイルシンカーは1.3gと1.8gあたりを多用。シンカーを入れる位置は上写真のようにインジケーターの頭側から1個目と2個目の間から挿入、シンカーが2-4個目に位置するようにセットするのが基準。ナナメ前方にフォールする感じがイイとのこと。

ちなみに下写真はバランスウエイトとネイルシンカーという2つのネイルシンカーを挿入した写真!
ただ最近、村上さんは腹側に1.3g以上のネイルシンカーを入れる場合、バランスウエイトナシでも、ほとんど傾いたりしないということが判明したため、バランスウエイトなしで使う頻度が増えているそうです!

 

 

腹側に入れるネイルシンカーのウエイトは1.3gと1.8gを基本に、その前後を揃えておけば万全

 

腹にネイルを入れる前に下穴をあけるんですが、そのグッズとして村上さんは、ダイワの「簡単おまつりほどき」を愛用。

かなり使い勝手よさそうですよ!

出典:ダイワ公式「簡単おまつりほどき」詳細ページ

 

1 / 5
次へ