ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ブルスレンダー(仮)人気ギル型ワームブルフラットとは違うテイストの新作を紹介

デプスNEWS 9 【奥村和正が最新極秘アイテムの開発秘話を激白】

ルアーニュースの毎年恒例行事の一環でもある企画の1つが「でぷにゅー」ことデプスニュース。

2018年で9年目を迎えますが、デプス本社でガサ入れ取材すると、目からウロコ! いろんな意味で驚きを隠せない数多くの極秘アイテムがゴロゴロでてきます!!

今年もそんな極秘アイテムやリリーズ間近のアイテムを、デプス代表である奥村和正氏が直々に開発秘話などを暴露してくれました。

それでは1つ1つ紹介していきます。今回は紹介するのは

 

ブルスレンダー(仮)

激釣れワーム・ブルフラットの進化系!? それとも!?

全国各地で荒釣れ旋風を巻き起こしているブルフラットに奥村さんが違うテイストを加えたモデルがこのブルスレンダー(仮称)。

ブルスレンダーとカバースキャットを手にする奥村さん

魚系の超偏平スティックベイトだけど、甲殻類系に見えてしまう

ブルスレンダーの全長は17cmほどでもちろん肉厚なバルキーボディ。
パっと見は、魚系の超偏平スティックベイトだけど、甲殻類系に見えてしまうのは気のせいでしょうか?

ルアー名 サイズ ウエイト 税別価格 発売日
ブルスレンダー(仮) 約17cm取材時点 未定 未定 未定

もともとブルフラットは、奥村さんに「ここまで釣れる理由がハッキリ分からない…」とまでいわせたブツ。

今となってはブルーギル型ワームの筆頭的な存在だけど、少し前は反則サイズといえる2inchも発表。

 

デプス-ブルフラットに驚きのミニマムサイズ2インチが登場予定【間違いないでしょ】

1 / 2
次へ