ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ゲーリー総帥直伝】キスバイトすらフックアップに持ち込むための簡単ワームチューニングをご紹介

あぁ~今食ったのにぃ!とアングラーなら誰しも経験があるであろうショートバイトやキスバイト。ルアーに反応して食いついてはいるものの、フックアップに持ち込めるほど勢いはなく、そのままバスはUターン…。特にクリアUPした状況下での見えバス相手には、コレに悩まされることも多い。今回は、そんな食いの浅いバスですらフッキングに持ち込むための簡単ワームチューニングをご紹介しよう。

ゲーリー総帥・河辺裕和の鬼掛けチューニング

先日の取材でゲーリーインターナショナル代表・河辺さんが見せてくれたのが、ゲーリーワームでさらに釣るための秘策チューニング。まず1つ目が、ワームにマス針を縫い刺しして、ボディのやや後側にフックをセットする方法。もう1つがワームにラインを貫通させてテールにマス針をセットする方法だ。

1.縫い刺しチューニング(カットテールのボディを使用)

2.鬼掛けチューニング(カットテールのボディを使用)

上記をご覧いただくと分かる通り、フックの位置をテール寄りにセットすることで、ショートバイトをフックアップさせるというのが、このチューニングテク。このセッティングであれば、テールをハフハフするようなバイトもすべてフッキングさせることができるので、もうあの悔しい思いをすることはなくなるだろう。

ちなみに、鬼掛けチューニングのセッティングには、虫エサ用のチューブなどを用いてワームにラインを通すと簡単にチューニングすることができるので、キスバイトに悩まされるのはもう御免だ!という方は、ぜひ一度試していただきたい。

河辺さんが5インチカットテールの鬼掛けチューニングでキャッチした七色バス

以下動画でもチューニングの方法や効果を確認いただけるので、合わせてチェックいただきたい。