ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

村上晴彦プロデュース一誠の小型クランク「チーラ52SR」を詳しく解説

昨年9月に一誠から発売となったのが村上晴彦プロデュース・52ミリサイズのシャロークランク「チーラ」。

正確な商品名はG.C.クランク 52SR 吃了(チーラ)です!

lure 長さ 重さ 潜行深度 内部構造 価格
G.C.クランク
52SR 吃了(チーラ)
52mm 11g 約80cm 固定ウェイト+
オリジナル複合ラトル
1,700円(税別)

チーラってどういう意味!? と思った人も多いと思います。実際記者も? ハテナマークだったので、直接、村上さんに聞きました!

すると…。

村上談「チーラっていうのは中国語で【食べました!】という意味。ほら、ルアーを見たら、お腹が膨(ふく)れてるでしょエサを食べた後の魚ですよ!という意味。そういう意味と、発音した時の響きもよかったんで、この名前にしました!」とのことでした。

確かに、かなりファットで、何かをお腹いっぱい食べた後みたいですね!

で、動きの方はというと、キビキビ、ブリブリとレスポンスのイイウォブリング!

守備レンジは約80cm。

内部構造的には固定ウエイトでオリジナル複合ラトルが入っているのが特長!

ちなみにウエイトは11g。この50ミリちょいサイズのわりには、けっこう重めな感じ!

だいたい同サイズのシャロクラだと7-10gぐらいのモノが多くて、たぶん一番多いのは9gとかだと思います。

そんなこともあって、飛距離もでるシャロクラになっているそうな!

 

ちなみに以前の野池ロケでもチーラが活躍してくれました。

 


カラーは2016年9月の発売時では以下の8色でした。

チーラカラー

 

そしてさらに新色として今年はハーフスケルトン系の6色が追加されました。
なおこの新色6色は一誠の5周年記念限定カラーとのこと。

それがコレっ!

IMG_9002

ちょっと透けるハーフスケルトンちっくなカラーがズラリ。

上写真上から…。

ミルキーホワイト
リザーバーベイト
チャートブルーバック
クリアアユ
クリアワサカギ
クリアキンクロ

記者個人的には、ミルキーホワイトが一番ソソられたんですけど、どれもちょっと変わった感じの効きそうなカラーですよね。

まとめ

チーラは超タイトな動きが特長の小型クランク。バスのサイズを問わず釣れる使いやすいルアー。オカッパリでガンガン使いたいですね