ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

改めて…「システム収納」解説!実はアイテム別に詳細な動画もありますよ!

「システム収納」と聞いて、みなさんはどんな収納をイメージされるでしょうか?

システムは、大きくはまとまりや仕組み、という意味だそうです。さらに、システマチックで調べると、組織的という意味。

組織的な収納…そうですね、このワードがしっくりきます。

 

MEIHOさんが提案する、システム収納は、まさに規則正しい組織的な収納です。

それを叶えるのは、300を超えるケースやボックスなどのアイテムを輩出するメーカーさんだからこそ。

無駄なくきっちりと収納できるよう、計算され尽くしているからです。

では、システム収納のメリットはなんでしょうか?

スペースに無駄がないので、たくさん収納できること。

そして、美しく収まっていて気持ちいいこと!

整理されているので、どこに何があるのかすぐに分かって効率的。

きれいで、たくさん入った状態を保ちたくなるので、整理が楽しくなるという相乗効果も生まれてきます。

 

なので、整理が苦手だな…という人にもぴったりなのが、システム収納なんですね!

マニアのみなさんも、予備軍のみなさんも、ぜひこちらの記事もチェック!

【システム収納マニア講座】「3010」って何だ?MEIHOさんのド定番タックルケースシリーズから、システム収納を学ぶ

 

システム収納に対応するタックルボックスは「バケットマウス」と「ランガンシステムボックス」

 

システム収納は、どんなタックルボックスでもできるのかといえば、そうではありません。

MEIHOさんのハードタックルボックスの決定版「バケットマウス」と「ランガンシステムボックス」に対応しています。

 

こちはら「バケットマウス」。サイズは3つあり、この商品は真ん中の「BM-5000」です。

こちらは「ランガンシステムボックス」です。サイズは4サイズですが、全8アイテムのラインナップです。

詳しくは、こちらの記事もご参考にどうぞ!

【MEIHO】座れるタックルボックス、ランガン仕様のタックルボックス、違いって何?

これだけのタックルボックスが、システム収納に対応しています。

種類や大きさは、みなさんの釣りのスタイルに応じて選んでいただけるといいかと思います!

で、今回ご紹介したいのが、どのボックスに、どんなケースが、どれぐらい収納できるのか。

システム収納と言っても、収納するボックスは、みなさんの釣りスタイルやタックルの量によって変わってきます。

でも、基準を知りたい人や、正確に把握したうえで購入したいという人のために、オススメのコンテンツがあります!

それが、MEIHOさんのYouTubeチャンネルです!

ためになる収納動画を公開中。

チャンネル登録、よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCC8EB6qZSyfsANm_ALbZ6MA

このチャンネルの中に、「システム収納」という再生リストがあります。

「システム収納」再生リスト

現在、このリストには6本の動画があります。

それぞれのボックスに、どんなケースが、どれぐらい収納できるのか、詳細に解説されています。

実際にケースを収納してくれていて、わかりやすい!

というか、隙間なしでぴったりすぎてすごい!

 

こちらの動画はシステム収納の参考になること間違いなしなので、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか!

また、MEIHOさんの公式SNSでも、最新収納情報配信中です。

フォロー、よろしくお願いします!