ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジグ単Love】ダイワのライトゲーム用ジグヘッドにフック形状の異なる○○タイプが追加されるぞ!

_MG_3906

アジングやメバリングといったソルトウォーターライトゲームにおいて、使用頻度の高いジグ単(ジグヘッド単体)。ワームとジグヘッドを組合せたシンプルな構造ゆえに誤魔化しが効かず、各々が持つ基本性能が釣果へダイレクトに影響するといっても過言ではないだろう。

ワームに関して言えば、形状やパーツの有無、サイズなど見た目に応じて波動やアクションが大きく変わるが、ジグヘッドとなるとまた話は別。どのような状況でどのタイプのジグヘッドをチョイスすればよいのか分からない…というアングラーも少なくないのではないだろうか。

gekka_SWlightjighead_yajiriSS
出典:ダイワ

例えばコチラはダイワから発売されている「月下美人 SWライトジグヘッド鏃 SS」。ヘッド部にスズ素材を使用したこのジグヘッドは、鏃(やじり)のようなシャープな形状低比重のヘッドロングシャンク設計のフックが大きな持ち味。ゆえに使いドコロとしては潮流に乗せて漂うベイトを演出させたり、スローフォールでアピールさせるようなシチュエーションに向いていると言えるだろう。

TGgekka_SWlightjigheadSS
出典:ダイワ

その対極にあたるジグヘッドとしては、「TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS」があげられる。コチラは逆に潮を受けやすいヘッド形状に、高比重のタングステン素材を使用しているため、シルエットを小さくしたい場合や、飛距離を稼ぎたい場合緩い潮の中でもしっかりとレンジキープしたい場合などに有効となる。

このように、ひと昔前まではラウンド形状が主流であったジグヘッドにもレパートリーが増え、アングラーにとっては選択肢が豊富な状態となっている。

そんなライトゲーム用ジグヘッドに追加モデルとして登場するのがダイワの「月下美人 SWライトジグヘッドSS OG」(以下、OG)だ。

gekka-og
出典:ダイワ

リアルアイの付いたジグヘッドとして愛用者の多い「月下美人 SWライトジグヘッドSS」。その派生モデルとして登場したOGは、その名の通りオープンゲイプタイプのフックを搭載したNEWモデル。

gekka-ssog

針先が外側にひらいたオープンゲイプタイプは、ショートバイト対策として非常に効果的で、捕食時に違和感を感じてすぐにリグを吐き出してしまうアジにおいては強い味方となる。OGは、わずかなアタリを即座にフックアップさせるための早掛け仕様のフックといえるだろう。

ヘッド部は従来モデルの夜光&ブラックカラーとは異なるレッドケイムラカラーを採用しているため、ケイムラによるアピールもバツグン。フックはもちろん安定のサクサクを搭載しているので、取れないバイトはないのでは?と思えるほど魅力的なジグヘッドに仕上がっている。

ウエイトラインナップは、0.5g、0.8g、1g、1.3g、1.5g、2g、2.5gの7種類。4月頃に発売予定なので、春アジ&梅雨メバルでガンガン使ってみたい。