ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バトルホッグがキーワード】人気ガイド“近松 卓二”がイマ琵琶湖でハマってる2パターンを公開!

寄稿:近松 卓二

みなさん、こんにちは!

琵琶湖でガイドをしているレイドジャパンプロスタッフ“近松 卓二”です。

暖かい日差しにより、水温が一気に12度近くまで上がってきた琵琶湖南湖は、いよいよ春到来?な雰囲気。 春の魚を狙えるイイ時期になってきましたよ~!

 

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

荒れた状況なら…ややディープが◎

水温が上がってきたにも関わらず、2日に1日は爆風が吹き、大荒れになるという今のタイミング。

バスはまだ落ち着かず、水温が安定する深場にいる場合が多い状況です。

そんな中で、最近実績の高いエリアは「下物浚渫の水深約7〜10mの穴の付近にある水深5m前後の穴」。

深い穴で越冬し、水温の上昇とともに5m前後の穴に上がってきて甲殻類などを捕食している…。そんなバスを狙う釣り。

ルアーはバトルホッグ3.8”【レイドジャパン】+スルスタシンカー8.8g【カンジインターナショナル】+マッスルフック#3/0【イチカワフィッシング】のリーダーレスDSを使っています。

 

今の時期の浚渫狙いのキモ

狙うべき場所は“穴の中に存在するハードボトム”で、ズル引きで引っ掛かりを見つけ、その何らかの変化についている魚に対しシェイクで誘います。

バトルホッグはシェイクする事で重量感のある腕が縦にバタバタとアピールするので、遠くから魚を引っ張る能力に長け、春の目覚めたての魚に非常によく効きます。

カラーはテナガエビやゴーストシュリンプなどナチュラル系をベースに、濁った際はジュンバグやブラック系などのシルエットがはっきり出るカラーに反応が良いです。

 

ロッドは張りがあり高感度なグラディエーターアンチシリーズ「GA-611HC ブラスター」【レイドジャパン】、ラインはフロロリミテッド【シーガー】14〜16ポンドがオススメ。

 

高気圧×無風×水温上昇ならシャローカバー

サブパターンとして、連日の高気圧無風により一気に水温が上がった場合、マッディーシャローのカバー撃ちも面白くなります。

琵琶湖南湖で言うと、各水路や人工島水路内のカバー、濁りのある各ワンドのアシやブッシュ、ゴロタ石など

で、ここで使用するのは、バトルホッグ4.4”【レイドジャパン】の1/4oz.テキサスリグ。

 

 

シャローをウロつくザリガニ喰いバスには、バトルホッグ4.4”のボリュームあるシルエットと力強い腕振りアクション、ボリュームベイト特有のゆったりとした動きが非常に効果的。

基本はカバーを撃つ釣りで、撃ってからは手前にシェイク引き(ミノスト)してくることで、カバーに依存した魚だけでなくストラクチャー周りをうろついている魚も引き寄せて喰わせることができます。

 

ロッドは6月に発売を予定している、1本で琵琶湖の様々な釣りを高次元でカバーできジグやテキサスを高次元で扱うことができる待望のグラディエーターアンチシリーズ追加新機種「キングヘビー(GA-72HC)」。

ラインはフロロリミテッド20ポンド、シンカーはバレットシンカー【カンジ】1/4oz.、フックはマッスルフック#4/0を使用しています。

シャローにもディープにも、フレッシュな魚がたくさんいる最も楽しい時期の到来! ぜひ、みなさんも足を運んでみてくださいね!

 

バトルホッグの使い方を動画でもチェックしてみてくださいね

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。