ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ソリッドティップで違和感なく食い込ませる】レイドジャパンのGLADIATOR MAXIMUMシリーズに注目

温かくなってきたとはいえ、三寒四温でまだまだ寒に戻る日も。

渋いときは“ルアーを違和感なく食い込ませること”が重要。

というわけで! レイドジャパンのソリッドブランクスが特長の「GLADIATOR MAXIMUM シリーズ」に注目!

 

GLADIATOR MAXIMUM シリーズ

先行でリリースされているレイドジャパンの人気ロッド、”グラディエイターアンチ”が「1本で幅ひろく誰もが使いやすいロッド」なら、この”マキシマムシリーズ”は真逆に位置していると言えるロッドで、グラディエイターの最上級モデル。

設定されているコンセプトは一歩先の未来。「こんなロッドじゃないと獲れない魚が多くなる」という金森隆志プロの思いが込められて、あえて「バーサタイル性」を排除し、特定の性能を発揮する為に生まれた特化型ロッドシリーズです。

 

動画でGLADIATOR MAXIMUMの特長をチェック

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

 

GX-70HC-ST (THE MAXX)【レイドジャパン】

THE MAXXは、その名の通り、GLADIATOR MAXIMUMシリーズを体現するフラッグシップモデル。

Length: 7’0” Power(Action): Heavy Taper: EX. Fast Lure Wt.: 1/8-1/2oz. Line: 12-16lb. Price: ¥50,000(w/o TAX)

レイドジャパン公式「GX-70HC-ST (THE MAXX)」詳細ページはこちら

 

特長はこちら

ベイトフィネスの釣りをよりヘビーカバーで行うために生み出された性能特化ブランクは、アクション表記こそ「H」になっているものの、ティップはとにかく繊細なソリッドティップ。

ブランク全体が負荷が掛かるとしなやかに追従するので、軽量リグを正確にカバーに撃ち込み、繊細に操り、喰い込ませ、カバーから引きずり出す…という一連の動作が違和感なく行えるロッドになっています。

 

1 / 2
次へ