ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春のメジャーリバーをゲーリー「ハートテール」のストロングパターンで攻める!ロコアングラー”塚本康平”のオカッパリテク

寄稿:塚本 康平
春のバス釣り特集

はじめまして!

中部メジャーフィールド五三川(ごさんがわ/岐阜県)をメインに活動しているツカコウこと、塚本康平です。

五三川は人的プレッシャーがすごい上に川幅も狭く、タフなフィールドですが、実はストロングな釣りを楽しむことができるフィールドでもあります。

 

今回は、そんなストロングな釣りがハマりやすく、ハイクオリティな魚を釣ることができる「春の五三川攻略法」を紹介させていただきます。

もちろん、全国各地のフィールドにも共通点はたくさんあると思いますので、ぜひ参考にしてもらえると幸いです!

 

塚本 康平(Tsukamoto Kouhei) プロフィール

岐阜県在住で、地元の五三川や大江川をホームに経験を積む若手の注目株。 五三川でオカッパリガイドとしても活躍中。 なんと身長は190cmで「ツカコウ」という愛称でも知られるスーパーロコアングラー。

 

春といえばシャッドテール

3月になると気温も水温も日を追うごとに変化する、いわゆる”三寒四温”を繰り返し、そして春になっていきます。

産卵も控える、気難しいこの時期にバスが取る行動は基本的に2パターン。

①シャローに上がってベイトを捕食する

②冷え込んだら、また1段深いレンジに落ちる

そのタイミング、つまり①・②どちらにも実績の高いルアーがシャッドテールワーム、HEART TAIL (ハートテール)なんです。

ゲーリーインターナショナル公式「ハートテール」詳細ページはこちら

 

 

1 / 4
次へ