ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジョインテッドクロー70】バス・SW・トラウトで使いたいジョイクロシリーズ最小「ちびジョイクロ」情報をまとめてご紹介

ジョイクロは天才ルアーデザイナー平岩孝典の傑作として登場以来、2019年に15周年を迎えました!

平岩孝典(Hiraiwa Takanori) プロフィール

ガンクラフトCEO! 和歌山県南紀エリアが生んだ鬼才ルアーデザイナーであり、元祖S字系ビッグベイト・ジョインテッドクローの生みの親として知られる! 愛称はガンちゃん!とか社長!

 

15年の間にいろんなジョイクロシリーズも登場しましたよね!

 

そんなジョイクロシリーズの最新作として人気を集めているのがシリーズ最小サイズの「ジョインテッドクロー70」。

 

ジョイクロ70が発売されてから、初めてハイシーズンを迎えるということで、色々な情報をまとめてご紹介してみます!

 

ジョインテッドクロー70【ガンクラフト】

2019年11月下旬に初登場

ダウンサイジングされたことで、バスだけでなく、メバルな小型回遊魚をはじめとする色々なソルトターゲットや渓流トラウトなど、新たな可能性を見せてくれています!

 

シンキングとフローティングの2タイプがあり

また70にはフローティングタイプとシンキングタイプの2-Typeがあるので、色んな使い方ができるという特長も持っています。

フローティングタイプ

フローティングタイプはシャロ―レンジの攻略に適していて、横アイになっていることで、複雑な流れの中でも水流をうまく捉えてナチュラルなS字軌跡を描いてアクションしてくれます!

もちろん ウェイトシールを貼ることによりサスペンドさせることで的確なレンジコントロールも可能。

シンキングタイプ

またシンキングタイプはミドル・ディープレンジの攻略に適した仕様になっています。

こちらは縦アイになっていることで、より強い流れの中でも浮き上がりにくく また深いレンジでもS字アクションをさせやすくなっています。シンキングは巻きスピードやカウントダウンを使うことで、いろんなレンジを探ることができるのも利点になっています!

 

ジョイクロ70のカラーバリエをご紹介

#01 邪鮎

 

#02 紀ノ国オレンジ

 

#03 ゴールドチャート鮎

 

#04 ナチュラルゴーストベイト

 

#05 ブルーヘッドチャート鮎

 

#06 銀鮎オレンジベリー

 

#07 生シラウオ

 

#08 クリアヘッドチャート

 

#09 フラッシングGMチャート

 

#10 フラッシングGMオレンジ

1 / 4
次へ