ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

南国怪魚釣りへGO!そろそろツアーを企画しようかな(笑)

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?
海外で西日本釣り博と名古屋キープキャストが中止になったと知り、とても残念で仕方ないです…。しかし、今のこの状況と他の(釣りとは関係ない)イベントなどを鑑みれば、主催者側も判断には相当悩んだと思われます。まさに苦渋の決断だったと思いますが、英断だと思います!

来年は今年の分まで盛り上げて行きましょうね~!

さて、私はこの時期の毎年の恒例行事となっている、南国へ釣りに行って来ました~!

今回もスーツケースに入るマルチピースのヒュージカスタムが大活躍!具体的なタックルですが、今回はヒュージ64とヒュージ60の2本をチョイス!

リールはDAIWAのZ2020を2台とジリオンHD。ラインはPEライン5号と4号で、リーダーはフロロカーボンライン50LBと60LBというタックルを持ち込みました。

このヒュージカスタムのマルチピースモデルはバス釣りにもモチロンですが、バス釣り以外の海外釣行には本当に重宝します!

そして今回持ち込んだルアーたちですが、リアライザー、ブルシューターJr.、ブルドーズJr.、ヒュージスピナーベイト、バリソンミノー、T.D.バイブレーション82S、ヒュージバズ(プロトタイプ)、ヒュージチャター(プロトタイプ)などなど。


ティラピアがメインベイトなのか、リアライザーやブルシューター系への反応は安定しているというか外さないって感じなのですが、今回は特にKAZZさんが手掛けているヒュージチャターへの反応が凄くて、ヒュージチャターを投げれば毎投アタるってくらいでした!流石世界を釣り歩いているKAZZさんの手掛けてるルアー!って感じでしたよ~!
ヒュージチャターのトレーラーにはデスアダー8インチとサカマタシャッド8インチを使用しました。

南国でもデプスルアーの人気は高いようで、現地のガイドさんも「ブルシューターナイス」とか「リアライザーはよく釣れる」とか片言で言ってくれていました!

今回はアラパイマ(ピラルクー)、チャドー(トーマン)、バラマンディー、レッドテールキャットフィッシュ、アジアンレッドテール、メコンオオナマズなどを狙ってきました!

バスもそうですが、毎回毎回色んな発見やパターンがあり、私もまだまだ勉強中ですが、そろそろ「ガイド前田と行く南国怪魚釣りツアー」でも企画しようかな~なんて考えてます(笑)。

ではまた!