ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【福島健こだわりのクランキングシャッド】ベイトで投げられる!FACT「グランサーチャー55」がこれからの時期に効きそう!

エバーグリーンの「FACT(ファクト)」のクランキングシャッド「グランサーチャー」。

グランサーチャー」はクランクベイトには反応しない魚を巻いて獲るために福島健プロによって開発されたルアーで、ベイトタックルでも楽に飛ばせることが魅力。

今回は2019年の11月に登場したサイズダウンモデル「グランサーチャー55」に注目してみたいと思います!

 

グランサーチャー55【エバーグリーン/ファクト】

”ベイトタックルで扱える”という特長はそのまま、サイズダウンを実現した「グランサーチャー55」。55mmになったことでさらに喰わせやすいサイズ感に!

全長 自重 タイプ 潜行レンジ リング(スナップ)サイズ フックサイズ 価格
5.5cm 5.2g フローティング 1.2~1.4m 【ラインアイ】 #1,【フックアイ】 フロント:#1・リア:#1 フロント:#10・リア:#10 1,500円(税別)

エバーグリーン公式「グランサーチャー55」詳細ページはこちら

 

スピニング&ライトラインでは攻めきれなかったエリアを攻略!

グランサーチャー55」はベイトタックルで扱えることで、これまで攻めきれなかったカバー周りなどのエリアを攻略でき、活動領域が大幅に広がったことが最大のメリット!

これからの時期にアツそうな、シャローカバーなども果敢み攻めることができそうです。

もちろん、スピニングタックルでも使用可能。バスが太いラインを嫌うようなシビアな状況では、スピニングタックルを使うなどしてベイトタックルと併用して使うのもアリかもしれませんね。

 

ベイトタックルでの使用例

ロッド:ベイト66ML/ライン:フロロカーボン 10Lb

・バンクをアキュラシーショートキャストで手返し良く探る際に。

・ベイトリールならではの巻き感覚を重視したい方に。

・時には強引さが必要となるカバー周りでの使用に。

 

スピニングタックルでの使用例

ロッド:スピニング64L/ライン:フロロカーボン 4Lb

・強風下、逆風下で遠投が必要とされる状況で。

・ライトラインを使用して少しでも深く潜らせたい時に。

・ラインスラックを利用したテロテロ・スローリトリーブに。

出典:エバーグリーン公式「グランサーチャー55」詳細ページ

1 / 3
次へ