ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

レッドフリップ・リアクション-テンヤに追加機種!繊細ティップとハードなバットは現代ひとつテンヤにもマッチするロッドに

天龍のひとつテンヤロッド「レッドフリップ・リアクション-テンヤ」に新機種が追加。

追加されたのはRF2342S-HS。これで全5機種(スピニング4機種とベイト1機種)となりました。

出典:天龍

234(2.34m)モデルに、これまであったMとMHにHが新規参入ということになります。

繊細なティップと強いバット

笠岡スタイルと呼ばれる、岡山・笠岡沖発祥のリアクションテンヤに対応。

キュッと強めにシャクリを入れてアピールしリアクションバイトに掛けていくスタイルで、繊細なソリッドティップとHならではの強いバットはピッタリ。

出典:天龍

もちろん大ダイにも安心ですし、アンダーハンドでキャストしやすい長さもグッド。深場、速潮での操作感もバツグン。

RF2342S-HSのスペック

全長:2.34m
8対2調子
仕舞寸法:121cm
ルアーウェイト:5~20号(MAX80g)
PE:MAX1.2号
本体価格:41,000円

対応テンヤも幅広い器用なヤツ

出典:天龍スタッフブログ

公式webサイトには「メリハリの有るリアクションテンヤを可能にします」とあります。

リアクションテンヤはもちろん、敏感でシャキッとしたティップと強いバットは結構幅広いテンヤ号数にも対応するはず!

出典:天龍

テンヤを積極的に操作しながら掛けていく従来のひとつテンヤにプラスされた潮流に対応するのはもちろん、恐らくかなり器用なロッドにもなるのではないでしょうか。

そんなわけで調子も8対2。これまでのひとつテンヤロッドにもう1本、なんて方にもイイのでは!

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。