ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バスはもう春モード?】たまらんばい永野的「今効く!」ルアー&パターン&エリアを大公開

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

極寒の真冬はどこへ行ったのか! 私は琵琶湖12年目になりますが、少なくともこの12年の中では最も暖かい冬を迎えています。

水温も下降より上昇を見せ始め、琵琶湖南湖の平均水温は9℃前後。

季節的には2月初旬。いわゆる“真冬”と呼ばれる季節ですが、このところのバスの釣れ方や動きをみているともう”早春”という気がします。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

暖冬の影響?早春のパターンがもう効果的!

では、何をもって釣れ方が“早春”と判断しているのか? 私の中の基準の1つは…南湖のボトムでワームに反応が出だすこと。

代表的なのは、下物や木の浜の穴の底で釣れ出すタイミング。

通常だと2月の後半から3月初旬にかけてそうした釣れ方をしてきますが、2020年は2月頭で穴の釣果が出てきていて、フットボールジグやウェイテッドリグをボトム(岩など)で丁寧にアクションさせる釣りに反応が出てきています。

フットボールジグと言えば、ハイドアップの武田プロが、ハイドアップから今春発売する「スタッガークロー」【ハイドアップ】&「フットボールヘッドTG」【リューギ】を使って浚渫エリアでバスを上げていました。

 

スタッガークロー4in【ハイドアップ】

品名 サイズ カラー 数量 本体価格
スタッガークロー 4in 10色 5本入 850円

 

フットボールヘッド&スタッガークロー!

 

スタッガークロー4in水中映像

 

沖のウィードフラットやエッジのアツいスポットをご紹介

沖のウィードフラットやエッジでは、アラバマ、スコーン、クランクなどがまだまだ継続中。

ゲスト 早乙女さんはアラバマ!

 

スコーンもありです!

 

濁ればまだまだクランク!

 

具体的なエリアは、たまらんばい的には、烏丸半島沖・木の浜沖・ディープホール周りの各3~3.5mはウィードが多くてアツい感じです。

巻きモノ大好きハイドアップスタッフのダイナマイト乃村氏が、「HU300」【ハイドアップ】やリップレスベイトの通称「たいやき君」を使って太いバスを釣り上げています。

 

HU300【ハイドアップ】

品名 ウエイト 潜行深度 本体価格
HU-300 16.0g 3m  1,700円

ハイドアップ公式「HU-300」詳細ページはこちら 

 

ダイナマイト乃村氏。

 

たいやき君【ハイドアップ】

こちら通称たい焼きくん。でかいバイブレーション!?

 

たいやき君の強度テスト動画

ウィードフラットのバスは浮いていて、何もないフラットのバスはボトムベッタリ。今後出られる方はウィードの有無で使うルアーを変えながら各所を丁寧にやってみてくださいね!

春のワーミングは、ジワリジワリアクションでボトムから絶対に浮かさないようにすることがキモですので、ぜひこれから春に向けて面白くなる時期にイイ釣りをしてみて下さいね!

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週  木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!