ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【伊藤巧の相棒】日本・アメリカ問わずメイン機となる”20メタニウム”の魅力を本人が生解説

釣りフェスティバル前からかなり話題になっていた「20メタニウム」。

シマノ公式「メタニウム」詳細ページはこちら

で、前のモデルからメイン機として「メタニウム」を使っていたのがご存知、伊藤巧プロ。

 

昨年からアメリカのトーナメントに参戦しているのも記憶に新しい伊藤プロ。国内外問わず連れ添った相棒が2020年フルリニューアルを遂げるとあって、その思いの丈をガッツリ語っていただきました!

 

動画での解説がこちら

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

伊藤巧の釣りを支え続けていくリール

マグネシウム一体成型コアソリッドボディ

今回のリニューアルで一番目を引くのはマグネシウム製の一体成型コアソリッドボディになったこと。

思いっきりフッキングしたときや、ファイト時にかなりの力でホールドしたり、キャストのときなど、歪むことがあるベイトリール。

それが今回、1つの大きな金属のカタマリ(一体成型コアソリッドボディ)になったことで、タフな使用下でもまったく歪まなくなったとのことなんです! さらに、一体成型になったことでコンパクトになり、しっかりパーミングできるのも大きなメリット。

 

さらに軽量のマグネシウム素材を使うことで、「ベイトフィネスリール」並の軽さを実現! 実際、ブラスギアになったことでギア周りが重くなっている今回の20メタニウムなんですが、その自重は16メタニウムMGLと同じ175g。

1日中ハードに釣りをする伊藤巧プロの大きなアドバンテージになることは間違いなさそうです。

 

マグナムライトスプールⅢ

伊藤プロが注目したのがもう1つ。

今までアンタレスにしか搭載されていなかった「マグナムライトスプールⅢ」がついに搭載されたということ。

これにより、軽ーい力でもかなり遠投ができるようになり、実際に使用した感じは無抵抗で飛んでいくようなイメージ。 さらに、低弾道キャストもしやすくなったということで、スキッピングもカンタンにできるようになったそうです!

これは、ボート派はもちろんオカッパリ派もかなりウレシイポイントではないでしょうか。

 

日本で、そしてアメリカで 釣りをしてリールに求めるものは

これまでに、日本よりパワーゲームが必要とされるアメリカの釣り、そして繊細な日本の釣りをしてきて、伊藤プロがリールに求めること。

それは…
キャストフィール、大きさ、パワー。トータルで日本人の体に合ったバランスの良いリールであること」。

その上でたどり着いたのが、この「メタニウム」。

RIHGTモデルは2020年3月、LEFTモデルが2020年5月に発売予定。

あの伊藤巧プロが、ここまで惚れ込んだリール。 いやぁ、発売が待ち遠しい限りです!

 

リールの詳細はこちらでもチェック

【NEWメタニウム】コレはシマノテクノロジーの集大成か!? 盛りに盛り込んだ超注目のベイトリール