ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【NEWメタニウム】コレはシマノテクノロジーの集大成か!? 盛りに盛り込んだ超注目のベイトリール

2020年1月14日、シマノのNEWアイテムが続々と公式webサイトにアップされ始めています。

結構、重くなっていますが注目度の高さの現れということで…。

で、個人的にも「キタぁ~」なヤツがメタニウム

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

20メタニウム

 

出典:シマノ

ギア比6.2のノーマル、ギア比7.1のHG、ギア比8.1のXGで、それぞれライトは3月、レフトは5月に発売が予定されています。

機種 ギア比 最大ドラグ力

(kg)

自重

(g)

スプール寸法

(径mm/幅mm)

ナイロン糸巻量

(lb-m)

最大巻上長

(cm/回転)

ハンドル長

(mm)

ボールベアリング/ローラー 本体価格(円)
RIGHT/LEFT 6.2 5.0 175 34/19 12-100、14-90

16-80、20-65

66 42 10/1 44,100
HG RIGHT/HG LEFT 7.1 5.0 175 34/19 12-100、14-90

16-80、20-65

76 42 10/1 44,100
XG RIGHT/XG LEFT 8.1 5.0 175 34/19 12-100、14-90

16-80、20-65

86 45 10/1 44,100

マグネシウム一体成型のコアソリッドボディ

まず、20メタニウムはマグネシウム製コアソリッドボディ!

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

金属による一体成型は剛性アップ、コンパクト化につながります。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

メインフレーム、ギアボックス側ともにマグネシウム合金で作られています。

スプールのフタのみジュラルミン製。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

写真左が20メタニウム、右が16メタニウムMGL。ボディは若干小さくなっています。

マグナムライトスプールⅢ搭載

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

スプールにはMGL(マグナムライト)スプールⅢを搭載!

簡単にいうと耐久性を損なわずに徹底して薄肉化したスプールで、外径34mmに対し、幅19mmのナロー形状。

ラインの角度が付きにくく、より抵抗が少ない状態で投げられるのも相まって、メッチャ気持ちよくキャストできる低慣性化されたスプールってワケです。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」 写真下が20メタニウムのMGLスプールⅢ、上が16メタニウムMGLスプール

第二世代のMGLスプールⅡからさらに15%の低慣性化を実現しているというⅢ、NEWアンタレスに採用されたことでも話題になりましたよね。

出典:シマノ アンタレスに搭載されたMGLスプールⅢ

ドライブギアがブラスに!!

そして、ドライブギアは超高強度のブラス(真鍮)とのこと。

16メタニウムはジュラルミンでした。ザックリ言うとジュラルミンは硬くて軽く、ブラスは軟らかくて(ジュラルミンと比較すると)重い。

のでありますが、ブラスはその巻き心地がシルキーで気持ちイイってのが魅力(そしてタフ)。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」 左が16メタニウムMGL、右が20メタニウムのブラス製ギア

巻き感、剛性アップにつながるワケです。

しかし、重くはなっていなかった

ブラスギアは重いってことで、じゃあ自重が重くなっているのかと思いきや…。

16メタニウムMGLの自重は175g。で、20メタニウムも175g。

同じやん!

って驚くワケです。ギア自体は重くなっているのに、なぜ?

その分を細かいパーツの見直し、軽量化で補っているのです。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

例えばスタードラグのCi4化。16メタニウムのジュラルミン製と比較し、2gも軽量化。

などなど、とにかく細部にもこだわり抜かれているのです。

黒田健史さんに話を聞いてみた

ハイ、それでですね、当記事で多くの写真を黒田健史さんのブログから拝借させて頂きました。

■黒田健史オフィシャルブログ
黒田健史の「いろはにほへと」

メタニウムのさらに詳しい解説はもちろん、ツインパワー、ゾディアスについてもブログなどにて綴ってくれていますので、ぜひどうぞ!

せっかくなので、電話にてサクッとですがお話を伺いました。

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

全部乗せ!それがNEWメタニウムだ

「ブログの最後に載せたことが、20メタニウムについて伝えたかったことの大半です。剛性感ではコアソリッドボディもありバンタムと、キャストフィールや飛距離についてはMGLスプールⅢの恩恵でアンタレスと、巻き感でいえばブラスギアもありカルカッタと、同じような感覚が得られるリールとなっていると思います」

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

「12lbを100m巻くリールとしては、シマノがこれまで培ってきたモノの現時点での集大成的なリールになるのかなと。全部乗せ、とブログでも書いたのですが」

出典:黒田健史の「いろはにほへと」

そう話してくれた黒田健史さん。なるほど、シマノ全部乗せなベイトリールなワケですね(笑)。

12ポンドを100m巻くベイトリールに求められるモノ、それに対する答え。平成から令和に変わり、これは新しい時代のエポックメイキング的なベイトリールになりそうですね。

とりあえず、直近では釣りフェスティバル! 触りに行きます! 黒田さんも会場にいるそうなので、あんなコトやこんなコトも聞きに行ってみてください。色々教えてくれるハズ(ワタクシも勉強になりました笑)。