ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コスパ高すぎ】アジメバにオススメ!全機種2万円台ヤマガブランクスの国産ロッド「ブルーカレントシリーズ」をご紹介

いよいよ本格的にシーズンインした、メバルやアジがターゲットのライトゲーム。

「冬の間に手軽に狙える貴重な釣りモノ」として、各地で盛り上がりますよね!

今年から始めてみよう!そんな方も多いのでは?

そこで今回は、ヤマガブランクスのライトゲーム用ロッドとして人気の”ブルーカレントシリーズ”に注目してみます。

特筆すべきはそのコスパ!

ブランクの設計から出荷まで国内自社工場で一貫生産し、品質にこだわったロッドがなんと全機種2万円台。 最初の1本にもオススメです!

 

BlueCurrent(ブルーカレント)ってどんな竿?

コストパフォーマンスを追求しつつ、ブランクの質には徹底的にこだわり、基本性能を追求したライトゲームシリーズが「BlueCurrent」。

純国産のルアーロッドで、どれだけのコストパフォーマンスを追求できるかという限界に挑戦したモデルであり、アジング、メバリング、チヌやシーバスまで幅広く楽しめる全8機種(内2機種が廃盤となり現行モデルは6機種)のラインナップが特長のロッドです。

 

250g静荷重比較

ヤマガブランクス公式「ブルーカレントシリーズ」詳細ページはこちら

 

 

機種ごとの詳細は次のページでチェック
1 / 3
次へ