ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬のデカイ魚を捕るならコレ!】O.S.P定番スイムジグ「ウィードライダー」に新ウエイトの3/4ozが登場

日中もガッツリ冷えこみ、冬のシーズン突入ですね! みなさん、釣りに行かれてますか?

冬バス対策ルアーとしては、色々なモノがありますが、今回ご紹介したいのが、「O.S.P」の森田哲広さんがプロデュースを務める特殊スイムジグ「ウィードライダー」。かなりギミック満載のスイムジグなんです!

森田 哲広(Tetsuhiro Morita) プロフィール

琵琶湖アークロイヤルボートクラブを拠点とする琵琶湖のフルタイムプロガイドとして人気を集め、年間釣行日数は200日を超える。経験と理論に裏打ちされたテクニシャンで11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こしたり…。「ルドラで日本一釣る男」などの異名をとる。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する実力派アングラー。

 

 

ウィードライダーに新ウエイト3/4oz登場!【O.S.P】

2019年12月初旬(3/4oz)登場予定

ウィードライダー」に新ウエイトの3/4ozが登場することで、さらに使い道が広がりましたね!

ではさっそく、このスイムジグは一体どんな特長を持っているのか詳しく見ていきましょう。

 

ウエイト カラー 本体価格
3/8oz、1/2oz、5/8oz、3/4oz new 8 740円

O.S.P公式「ウィードライダー」詳細ページはこちら

 

このウイードライダーの特長は、何といっても通常のスイムジグと比べるとウィード絡みがとても少ないトコロ!

その理由はフォール時に、カーブフォール気味の姿勢を保つことで、ジグ本体の腹の部分から着底し、スイミングではヘッド部分のウォブルやロールは極力抑えることで、凸凹と高低差のあるウィードでもスタックしづらくなります。

また、凸ウィードに入ったとしても、ロッドを上げずに下げたままリーリングで乗り越えられるよう、以下のようにあらゆる面で工夫されたセッティングになっています!

 

低活性時の数多くないバイトで魚を掛けることを考えられ、ブラシガードは必要最小限の7本に設定されています。

 

また、巻き抵抗とアクション効果を高めるWタイイングスカート構造。激しいキャストでズレがちであるトレーラーですが、ワームのズレを完全防止するために爪楊枝などを刺せるペグホールを搭載していることで、ワームがズレにくくなっています。もちろんペグを使用しなくてもズレにくいキーパーになっています。

出典:OSP公式「ウィードライダー」詳細ページ

 

出典:YouTubeチャンネル「O.S.P」

 

 

カラーラインナップ一覧

カラーバリエーションは全8色展開! 派手なカラーから水馴染みしやすいカラーまで種類が豊富です!

出典:OSP公式「ウィードライダー」詳細ページ

ブラック

 

アユ

 

キラーゴールド

 

チャートバックアユ

 

スティールシャッド

 

ブルーギル

 

グリーンパンプキン

 

レッドブラック

 

以上、ウィードライダー(3/4oz)の紹介でした。真冬のデカバスをぜひ、コレで狙ってみて下さいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。