ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR 第971回「なぜ三原直之はここまで釣るのか?」の巻

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR

三原の覚醒の理由

では、なぜ三原がこれほどまでに覚醒したのか、その理由を本人に聞いてみたが、本人の回答は「今年はバスの状況に合わせて本当に素直に動けているなと思います」という抽象的なものだった。

天才ゆえのフィーリングかもしれないが(馬淵なら“マブチですから!”とマジで言ったが…)、三原は次のようにも言っている。

「ルアーを自分のイメージ通りに完璧に扱える、タックルとルアーが揃ったことが大きいと思います。」

三原が使用したクラシックウィニングルアー。 ワームが使用禁止の河口湖、「ギルロイドJr.」、「アベラバ2.3g」、「ポークルアー」。

この言葉は一見セールストークにも思えるが、現実的に三原はこの1年、ほとんど2本のタックルと3個のルアーだけを自分の分身、代名詞として使い込むことで、ほぼ全ての結果を出してきたと言い切っても誰も疑いようがないだろう。

それが一切のコスト的妥協なく、全て三原の望む通りに仕上げた最高峰トーナメントでも勝てるビッグベイトロッド「バトルクライ(「ロデオライド リバイバー 70XH バトルクライ」)」と、もはや泣く子も黙るトーナメントを左右できるキメ技「ギルロイドJrブーツテール」、そしてそのスーパーストロングな一撃をただの一発屋でではなく絶大な決定力にしてしまう最強無敵の守護神、サイトスピニング「アンセム(「ロデオライド リバイバー 61UL アンセム」)」と「三原虫」、「スキニーイールクローラー」の絶対コンビである。

この絶対的コンビネーションの確立が、三原の強さを覚醒させ、より安定した鉄壁の攻守を構築させたことは間違いない。

希望を全て満たすと…

この三原ロッドは、三原の希望を全て満たすため何もコスト制限を設けなかったため、一般小売販売ができないほど仕入れ価格がべらぼうな価格になってしまった。

それゆえ、そのコスト回収のため少量販売のネット限定販売にしたため、実はつい先日まで自分すら手に入れて使って試す余分すらなかった。すでに初回ロットの販売は終了しているために年末まで入手は困難だが、シーズンが終了し、はじめて実戦で使ってみて改めて「あらゆる意味でここまでヤバいロッドとは思わなかったわ…」と唸ってしまうほど個性的極まる、実に尖り切ったロッドだった。

アンセム」と「バトルクライ」、「ギルロイドJr」と「三原虫」、双極の究極を極めているのが三原のスタイルだ

3 / 4
前へ 次へ