ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

水温20℃以下になったらGO! 秋のリザーバーのミドル~ディープを完全攻略

寄稿:山出 篤
秋のバス釣り特集

山出 篤(Yamade Atsushi ) プロフィール

高山ダムなど三重県近隣のリザーバーに足繁く通うアングラー! 三重、奥伊勢、布目チャプター、JB津風呂湖などのトーナメントにも参戦中!

 

皆さんこんにちは! 山出篤(やまで・あつし)です。

10月に入り、夏の間25℃を軽く超えていた水温もようやく落ち着いてきて、いよいよ秋本番!って感じですね。

そこで今回は、10月以降のリザーバーで自分が良い思いをしている釣り方を紹介します。

 

水温20℃以下がキーポイント!

水温が20℃を切りはじめる時期が、だいたい例年10月中旬頃から。

で、この20℃というのが僕的にはキモでして、20℃を切るタイミングで、ベイトがレンジを下げはじめバスがディープを意識しだすと考えています。

とはいえ水温が下がりきっていることはないので、まだ冬みたいに固まることはなく、秋らしく広く散っているイメージ。

そんな状況でオススメなのが…

 

手早く探れる【ダークスリーパー・ボトルシュリンプのフットボールジグ/メガバス】

この時期の広く散っているバスに対して、僕が多用するのはダークスリーパーか、ボトルシュリンプ4inch.のフットボールジグ。

メガバス公式「ダークスリーパー」詳細ページはこちら

メガバス公式「ボトルシュリンプ」詳細ページはこちら

 

特長&使い方

この2つのルアー。
どちらもある程度ウェイトがあり、巻き展開ほどリズムは早くないですが、けっこう早いテンポで探れます。

僕の使い分け方は水の色。
クリアならダークスリーパーで、濁りが入っているならアピール力を増すためにボトルシュリンプ+フットボールといった感じで4m〜10mくらいまでを狙います。

アクションはリフトアンドフォール。
水中の岩やレイダウンにタッチした際は、ハングオフでいきなりバイトしてくることもあるので要注意。

それで様子を見て、反応が悪ければズル引きやリフトアンドフォールのスピードを変えて試してみてもらうと、その日の当たりが出てくると思います。

 

オススメの実績カラーは…

ダークスリーパーのオススメカラーはMUTSUGOROUとHANAHAZEです。

MUTSUGOROU

HANAHAZE

 

ボトルシュリンプのオススメカラーはエビミソRFとスカッパノン。

エビミソRF

スカッパノン

 

エビミソRFは、もう一択でも良いくらいに僕が大好きなカラーで信頼度もバツグン。
クリアやマッディでもバッチリ対応してくれます。

濁りがかなりきつい時は、スカッパノンを使用しています。

 

1 / 2
次へ