ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アブ2017最新ベイトリール紹介・コスパ高い「レボLT7/レボLV7/レボLC6」【ピュアフィッシング】

やはり気になるのがベイトリール!というわけで、ここではアブガルシアの発売さらたばかりの新作ベイトリールの3種を紹介します!それは…。

レボLT7、レボLV7、レボLC6の3機種です!

3機種とも2017年2月に発売されました。レボ最新3個d

この3機種はいずれも軽量ルアーのキャスト性能が高いマグネット系ブレーキ搭載のベイトリール。

どれも定価25,000円と低価格ながら最新機能を備えたコスパの高い中級機といえます!



この3機種には共通する特徴があります。それは…。

高さ38mmのロープロファイル・コンパクトボディなこと

リールフットの足からの高さが、約38mmのロープロモデルで、当然パーミングしやすくなっています!

ltsideview

出典:ピュアフィッシング

 

中級機だけど、上級機にも搭載されているマグ系ブレーキシステムを搭載!

この3機種は上位機種にも採用されているマグ系のブレーキシステムとスプールが搭載されているのも特長!

ブレーキ調整が簡単な「マグトラックス3ブレーキシステム」、そして「超々ジュラルミン製軽量32mmスプール」が採用されています!

 

●マグトラックスIIIブレーキシステム

マグネットのポケットには3mm厚用5個、1.5mm厚用を5個備える ユニットが採用されています。

ユーザーのキャスティングの特性や、竿の調子に合わせて 、マグネットの取り外しによる微調整が可能。

ちなみに標準で3mmが5個,1.5mmが5個装着されています!

c9902c84391fa418422f807bdf092024

出典:ピュアフィッシング

れぼ3つのスプール

a03229ca95137abde73247a1ffe45f69

出典:ピュアフィッシング

 

ブレーキ、スプール、高さが一緒だったら、3機種はどこが違うのか? 次ページではその違いを紹介します

1 / 3
次へ