ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エビちゃんこと蛯原英夫が全解説!バスエネミースティックを使った激釣れカバー撃ちテク

秋のバス釣り特集

「動かねんじゃね?」なテキサスリグが激アツ

今シーズン、霞ケ浦で春からずーっと絶好調で、2キロオーバーを始めかなりの数のバスを手中に収めている釣り方があります!

それが、バスエネミースティック5インチに5~7gシンカーをペグ止めしたテキサスリグ。

 

このワームの形状はスティック状なので「動かねんじゃね?」って思う方もいるかもしれませんが、ところがどっこい!

バスエネミースティックのテキサスリグをカバーに引っ掛けて上下に動かすと、スライドダートしながら右へ左へとイレギュラーなアクションをするんです。

 

具体的な使い方

では、具体的な使い方を順を追ってご紹介していきますね!

①水深30〜50センチぐらいのシャローカバーで倒れた枯葦やブッシュ、ウッドカバー、枝など何か引っ掛ける物があれば絡ませながらまずはフォール。
スティック形状なのですり抜けは抜群です。

②ボトムに着いたのを確認後、水面直下まで素早くリフト。

③その後、フリーテンションにしてまたボトムまで素早く落とす。

以上が基本的な使い方。

で、①~③を3〜5回繰り返します。その際、完全フリーテンションでフォールをさせることがキモ!

これで、右に左に素早くスライドダートするイレギュラーアクションが生まれます。

このアクションはラバージグやパーツが付いたワームなどでは起こせません。
スティック状のこのワームならではのこのアクションが、物凄く効果的な場面を多数経験してきました!

 

アタリはリフトする際に根掛かりのような動かない感覚が出たり、またはフォール時にひったくるような出かたをします。

2回3回リフト&フォールさせた後、根掛かりのような違和感を感じたら即アワセ!

 

使用しているロッドはファクトHFAC-70HST

全長 2.13m 継数 1
標準自重 134g パワー ヘヴィ
ルアー範囲 7~28g(1/4~1oz) ライン範囲 10~20lb
価格 63,000円(税別)

 

普通は一か八かの勝負的な感じになってしまうあたりの出方ですが、ソリッドティップのファクト70HSTなら、バスがバイトした時の違和感を高次元で感知できます。

思いっきりアワセを入れてフッキングした時の感触は格別ですよ!

 

続いては…あの魚にマッチザベイト!スピンオフ系〇〇パターン
2 / 3
前へ 次へ