ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水のガッ釣りソルト「プライベート沖縄釣行~2日目(2/3)」

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

こんにちは、トモ清水です。

前回はプライベート沖縄釣行の初日、カヤック初挑戦ということでお伝えしました。今回は沖縄釣行二日目ということで、今度は陸っぱり♪

前回の記事はコチラ

トモ清水のガッ釣りソルト「プライベート沖縄釣行~初日(1/3)」

まずはデブGさんのお友達も同行出来るということで急遽合流♪しかも合流した方はただ者ではない!?

沖縄ルアーとネットで検索するとトップにくるほど沖縄では有名な方。そう沖縄ルアー釣りの先駆者、ご自身でも蛙ブランドを経営しているミッツさんデブGさんの3人で沖縄の陸っぱりランガンすることに!気分は釣れたも同然。大船に乗ったつもりで2人に付いていきました(笑)。

沖縄本島最北端のコンビニで朝ごはんと飲み物を購入しランガン開始です。

沖縄本島の最北端方面へ。最北端のコンビニで朝食と飲み物を買って♪
今年かな、セブンイレブンがようやく沖縄にも進出したそうです

朝イチのポイントに到着すると水面がザワつき、ボイルもあって生命感たっぷり。いきなりチャンス到来!

するとスーパーロコアングラーみっつさん、ミノーでナイスサイズのアカジン!さすがです!!

いきなり沖縄のスーパーロコアングラー蛙さんことミッツさんが、いきなりミノーでナイスサイズのアカジン(スジアラ)をキャッチ!! 朝イチのポイントは、ボイルありと生命感ありありでしたよ♪

いきなり実力を見せつけられました!でも本人も陸っぱりからこのサイズ、驚かれていたようでした(ホッ)。

私もサーフでマイクロジグフラットを表層近くトゥイッチしていると、縁が薄い綺麗なブルーをしているカスミアジのメッキサイズをゲット♪カヤックと同様、幸先よく釣れています。でも忘れちゃいけません。デブGさんとミッツさんの最強コンビがガイドして頂いてくれているからこそ。もう2人には感謝しかありません!

私もマイクロジグフラット5gでメッキ(カスミアジ)をゲット♪

続いてデブGさんもマイクロジグフラット3gでメッキ。
タックルは、私が現在開発しているベイトフィネスのプロト

パックロッドシリーズ、ソルティースタイル・カラーズは沖縄の海にもぴったり!
カラフルな色が綺麗な海と、とてもマッチします

カスミアジに続き、マイクロジグフラットにヒットしたのはヒメジ科の魚(オジサン)。
非常によく引く魚です。ヒメジ科の魚種も沖縄には多すぎて詳しいことは分かりません(笑)。
よく見てください!この魚の背中あたりのオレンジのカラフルな色、使用したカラーズのパッションオレンジ色とよく似合いませんか?偶然ですが、ちょっと嬉しい♪

これも沖縄の定番クチナジ!ルアーによく反応する代表的な魚みたいです。私も今回の沖縄旅行で初めて釣れた嬉しい魚。沖縄の家庭で一般的に美味しく頂ける魚の1つ。正式にはイソフエフキ

これもヒメジ科のオジサン。カラフルです♪

続いてマイクロジグフラットで、これはマトフエフキかな?
クチナジと見分けが最初難しかったー。
調べてみると沖縄ではクサムルーと呼ばれるらしい。「くさ」は藻場のことで、藻場にいる「ムルー(群れる魚)」という意味。へぇ~勉強になります!

クサムルー(マトフエフキ)、たしかデブGさんが「タマンと同じ種類だから、よく引く魚だよ」と言っていた気が。うん、すごい引いた~!
タマンなどのフエフキダイ科の魚は特に種類が多く、重要な食用魚となっているのですが見間違いも起こりやすいようです

安定のイシミーバイ(カンモンハタ)。模様がかっこいい!

次ページへ続く!
1 / 2
次へ