ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デカバスに激効き】O.S.Pのマグナムクランク「ブリッツマグナムMR」を使ったストロングパターンを紹介

寄稿:三宅 貴浩
秋のバス釣り特集

三宅 貴浩(Takahiro Miyake) プロフィール

パークマリーナをベースとする鬼釣らせ琵琶湖プロガイド。オールラウンドな釣りをメインとし、魚探を駆使したバーチャルサイトフィッシングを得意とする。布目ダムや津風呂湖にも精通し、チャプター、JBプロ戦、ローカル大会等での優勝・入賞多数。大阪府出身・滋賀県在住。 ●琵琶湖ガイド情報● TAKプレミアムガイドサービス=ガイド受付☎077-585-6804(パークマリーナ) 出船マリーナ:パークマリーナ(守山市木浜町1564-31) ガイドエリア:全域

こんにちは! 三宅貴浩です。

バスフィッシングの季節に突入しましたね!

今回は私のホームでもある琵琶湖のシーズナルパターンに加え、これから涼しくなるにつれて、琵琶湖に限らず、どこのフィールドでも効果的になってくるルアーや釣り方などを詳しく紹介していきたいと思います!

 

現在の琵琶湖は小さなサイズは簡単だがサイズアップが難しい状況

今シーズンの秋の琵琶湖は、小さな個体を釣ることは比較的イージーではあるのですが、サイズを上げることが極端に難しいと言われています。

特に南湖では特定のエリアに人が集中する傾向が目立ち、プレッシャーがかかり、余計にデカイサイズを喰わせにくくなっています。

その状況に対応する為に、日々のガイドにおいて、表層I字系でははアイウェーバー、【O.S.P】HPミノー【O.S.P】のノーシンカーリグ。

 

水深を少し下げて狙う場合は阿修羅(アシュラ)II【O.S.P】、ドライブスティック4.5in【O.S.P】のノーシンカーリグが状況を選ばずオールマイティに使うことができます。

 

 

非常によく釣れるルアーである、HPシャッドテール3.1in【O.S.P】のダウンショットリグやHP3Dワッキー5in【O.S.P】のネコリグ。

これらが通常のルアーローテーションなのですが、やはり子バスのバイト率もかなり高いのが現状です。

 

 

デカイ個体だけを絞り出すことのできるルアー、それは「ブリッツマグナムMR」【O.S.P】

そのような中で、この秋に間違いなくストロングパターンの1つになり、BIGバスを選んで狙えるルアーと釣り方があります。

それは、この秋11月に発売予定の「ブリッツマグナムMR」というブリッツのマグナムバージョン、いわゆるマグナムクランクを使った各シチュエーションに合わせた釣り方です。

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
90.0mm 45.0g フローティング #1 11 2,000円

O.S.P公式「ブリッツマグナムMR」詳細ページはこちら

 

ノーマルサイズのブリッツとの比較写真はこちら!

手前から順番に「ブリッツEX-DR」「ブリッツMAX-DR」「ブリッツマグナムMR」。

 

手に乗せるとこんな感じ!

 

このブリッツマグナムMRの特長を説明しますと、今までのマグナムクランクと異なる部分はいくつかありますが、まず挙げられる点は、巻き抵抗が非常に軽く、通常サイズのブリッツMAXDRを扱うようなタックルでも扱えてしまうことです。

 

次のページではブリッツマグナムMRの使い方など、さらに詳しく解説!
1 / 2
次へ