ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

水野浩聡が秋のターンオーバー気味のため池&川のオカッパリで有効なルアーとその使い方を解説

連載:水野浩聡のOne more fish
寄稿:水野浩聡

こんにちは‼︎  早いもので10月突入。

朝夕と日中の気温差も少しずつ開いてきたため、人間的には過ごしやすくなってるんですが、フィールドのコンディションはこの時期特有のターンオーバーと呼ばれる水質悪化現象が見られるようになりました。

水面にアブラのような膜が張っていたり、ロッドティップで水を掻き回したり、ボートなどが走行した後ろに泡ブクが出ているようなら、ターンオーバーが発生している可能性はかなり高いといえます。

ちなみに元々、流れのあるような川などではこの現象が起きにくく、どちらかというと止水エリアにいち早く見られる感じですかね。

そのため、ため池のような止水エリアでは一時的にバスの活性は下がり、スローな釣りでなんとか食わせていくよりは、TNシリーズデラクーなどのスピードが出せてリアクション要素の強いハードルアーなどがメインの釣りとなります。

またハードルアーだと、もしショートバイトだったとしてもトリプルフックの恩恵を受けて、なんとかフックアップできるような状態といえます。

 

ここのところ、まとまった雨もあまり降っていないので、減水傾向が強く、そういった止水系の場所では特に上記のようなハードルアーでの釣りが効果的になっている感じですね。

個人的にはこの釣りが大好きなので、今の状態を長く保ってくれると嬉しいなと思っていたりするんですけどね(笑)。

 

TNシリーズやデラクーを使った釣りは数もよく釣れているんですが、日に日にサイズアップしているのが顕著に出ていて、今まさにピッタリな旬な釣りといえます。
ブルーギルが共存しているような場所なら、なおさらハマりやすくなっていますよ。

 

 

対して、川の釣りは対極で、今週は五三川(岐阜県・ごさんがわ)にも出撃。
当日は細池・下流のストレッチで、夏っぽいフォールベイトの釣りで何本かキャッチできました。

というか、五三川自体は常に流れが出ているわけではなく、水門の開閉によって流れが発生するので、流れていない時はため池のようなターンオーバー気味になるんですが、ひとたび流れが出ると、特に川幅が狭くなる上記のストレッチなどでは水質は一気に浄化され、バスの活性もかなり上がり、そういった流れの当たるカバーやマンメイドストラクチャーに寄り添い、上からドリフト気味に送り込んであげるとすんなり食ってきてくれます。

先日の釣りでは、ヤミィなどのストレートワームのワッキー掛けをドリフトしてやると速攻でバイト。

しかしながら、この五三川に関してもベイトとなっているイナっ子(ボラの稚魚)を意識したバスも多いので、チャブルSRやデラスピンといった強すぎない波動を持つ巻き物にも反応してくれるタイミングも増えてくると思います。

 

細身で弱々しいベイトが多いので、ルアーのパワーもそれほど強くない上記のルアーなどがベストですね。
スイムベイト(ディズラ)、シャッドテール(リズムウェーブ4.8インチ、ジャークベイト(リレンジ110)なんかも、ローテーションで入れていっても良いでしょう‼︎

 

これらのルアーは、水を大きく動かすようなルアーではなく、比較的弱くタイトで、ベイトフィッシュを意識しているタイミングで使用すると良いことが多いですね。

適材適所でのルアーセレクトはもちろん大事ですが、フォローでフォールベイトは投入したとしても、基本的にはこういった横方向の釣りでリアクションバイトを誘発させたり、ベイトを意識した攻めがより効果的になってきます。

 

今週末(10月4-6日あたり)にかけては新たに台風がやってくる予報が出ているので、それがどこまで影響するか⁇

水が入れ替わって、さらに反応がよくなるか⁇
それとも、水が増えて濁ることで、シャローカバーを撃つ釣りがよくなるか⁇

雨次第で今週末のハマりルアーは大きく変わってきそうです。

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい