ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヒロセマンの「オモリグ」指南】大型狙いのイカメタルに!乗り渋るイカメタルに!!

エギング&イカメタル特集

メジャークラフトのヒロセマンこと広瀬達樹さんのイカメタル。

ヒロセマンは鉛スッテ&ドロッパーというオーソドックスなリグと異なる、「オモリグ」も併用して攻略しています。

中オモリ式のリグ「オモリグ」

オモリグとは、中オモリを使った中間支点リグ。

具体的にイメージしやすいよう、ヒロセマンが使っていたメジャクラのオモリグアイテムを紹介しておきます。

御免なスッテ 中おもりシンカー

出典:メジャークラフト

オモリは御免なスッテ中おもりシンカー

潮切りをよくする流線形で、回転スイベル付き。トラブルも回避してくれます。

25号、30号、40号のラインナップ。カラーは夜光、パール、チャートの3色。オープン価格。

御免なスッテシステムリーダー

また、ハリスにはパッケージを開けたらそのままオモリグ仕様で使える「御免なスッテシステムリーダー」中オモリエギタイプが便利。

幹糸・ハリスは3号、ハリスの長さは140cmとなっています。

烏賊メタル餌木

そして、ハリスの先に接続するのは烏賊メタル餌木です。

烏賊メタル餌木には、1.5号、2号、2.5号のラインナップがありますが、オモリグに使うなら2.5号をメインにしていたヒロセマン。

「イカメタル専用」のエギとしてシンカー形状が工夫されていて、大きくダートしない設計。

アクションを加えた時に跳ね過ぎてラインに絡まるというトラブルを防いでくれます。

出典:メジャークラフト

すぐさま、オモリグを楽しめる3点セットの解説動画もご覧ください!

では、オモリグってどんなシチュエーションで使うと効果的なのか、そんなところも聞いてみたのでまとめてみましょう。

次ページ:オモリグのメリット
1 / 2
次へ