ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【そろそろ完成!?】超スローフォールを実現する34サーティフォーの「樹脂かぶせジグヘッド」

34サーティフォー家邊克己さんが、ここ数年、日本全国のフィールドで通用するテクとして提唱しているのが「プランクトンパターン」。

プランクトンパターンとは家邊さんは、ここ数年の実釣を通じてアミなど、プランクトン食性のアジが全国的に増えていると感じ、それに対応するために、研究を進めているのがパターン!

具体的には遊泳力のないプランクトンと同じように、同じ場所、レンジにリグを極力、留めておくといのがキモ。

そのプランクトンパターン対応ワームとして、浮力を得やすい仕掛けが詰まった「タープル1.6インチ」を開発。。

タープルに関しては以前、ルアーニュースでもお伝えしました。その記事はこちら!

【本邦初公開!?】34サーティフォー家邊克己の新開発スローフォールワーム「タープル1.6インチ」を徹底紹介

 

 

そんな中、家邊さんはプランクトンパターン対応のジグヘッドの開発も秘密裏に行っていたのです!

そのジグヘッドの超初期プロトの画像がこちら!

_MG_7708

なんだかプロトっぽい生々しさが伝わってきますよね!

シーケンス 01.Still029

で、このジグヘッド! 何がどうなっているのか? というと、ジグヘッドのヘッド部が樹脂で覆われているんです!

ああがはh

 

この樹脂分の重さはおよそ0.2g前後あるのですが、比重を軽くすることができ、結果的にスローフォールさせることができるんです。

例えば今まで0.5gのジグヘッドと、樹脂ジグヘッドの0.5g(従来の0.3g+樹脂分0.2g)を比較すると、明らかに樹脂ジグヘッドの方がスローロールさせられるということ。

だから0.5gの飛距離を担保しつつ、フォールは0.3g級のスローフォールを実現してくれるということ。

 

こうすることで、よりプランクトンパターンが効率的にやりやすくなるということなんです。

シーケンス 01.Still037

この写真の樹脂ジグヘッドは既製品のストリームヘッドに樹脂をかぶせてある完全プロト品。

_MG_7703

現在、は専用のヘッド形状やフックが選定されている最中とのこと。

商品名は現時点でついておらず仮称・樹脂ジグヘッドとのこと。

 

このジグヘッドが完成すれば、タープルとのセットで、かなり簡単にスローフォールさせられるリグが完成!

 

_MG_7701

発売時期に関しては、もう少しだけかかりそうとのこと!?

期待したいですね!