ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リザーバー攻略のコツ】これからの時期に活躍する各種ルアーを紹介

寄稿:山出 篤

山出 篤(Yamade Atsushi ) プロフィール

高山ダムなど三重県近隣のリザーバーに足繁く通うアングラー! 三重、奥伊勢、布目チャプター、JB津風呂湖などのトーナメントにも参戦中!

皆様、こんにちは。山出 篤(やまであつし)です。

今回は、現在から秋シーズンにかけてのリザーバーでオススメな釣りをご紹介します。

 

リザーバーのインサイドエリアで使うべきオススメトップウォーターとは?

地元では8月末〜9月中旬はまだまだ暑い日が続きますが、今の時期は朝夕のマズメ時がオイシイですね。
ただ1番オイシイ時間帯だからといって、やみくもに狙うのではなく、僕が1番意識して狙っているのはインサイドです。

リザーバーは基本的にインサイド側が浅く、流れも緩やかなのでベイトがたまりやすく、バスも追いです。
なので、そのインサイドシャロ―にフィーディングで差してくるバスを狙い撃ちしやすいんです。

 

さて、その様なエリアでの攻め方ですが、まずは夏らしくトップウォーターから様子を見ていきます。主に使用するルアーは、POP-XDOG-Xシリーズ、そしてプロップダーターi-WAKEがオススメです。

 

左:POP-X 右:i-WAKE

メガバス公式「POP-Xi-WAKE」詳細ページ

 

他にもDOG-Xシリーズには色々な種類があります!

メガバス公式「DOG-Xシリーズ」詳細ページはこちら

上記したトップウォーターを使う場合、バスが入って来れそうなギリギリの水深(目安として2cm〜30cm)からスタートして、そこから少しずつ沖へ刻んでみて下さい。

フィーディングを強く意識してるバスがいるなら、着水と同時にバイトの可能性もありえるので、ビックリして即アワセをしないように要注意です。

 

 

表層系が不発ならワームでボトムやサイトフィッシングで誘います

フィーディングに入ってくるバスが目視で見える状況の場合はジャミラなどのリアル系ワームのi字引きや水面ピクピクが効果的です。

 

あと表層にあまり意識がないような状態なら、トーナメントクローラーのネコリグでボトムで誘います。

メガバス公式「トーナメントクローラー」詳細ページはこちら

 

 

表層ワーミング、ネコリグのボトム攻めのどちらにも必要なのはバスからワームに気づいてもらえる距離感でのアプローチです。

表層ピクピクアクションやネコリグならバスの進行方向へキャストし、シェイクで気づかせてスイッチを入れてあげます。

i字系ならバスが気づき、追いかけてきて距離が詰まり、軽くジャーク気味に動かしてエスケープアクションで食わすイメージです。

サイトフィッシングではしっかりと食い込んでくれない時も多いため、フックサイズを気にしてあげるとなおさら良い感じです。

ジャミラのi字系には、「カルティバ」さんのバマスフック4番に、レインズさんの0.3gのTGネイルシンカーを腹に薄皮1枚で刺してあげると泳ぎが安定します。

 

左:バマスフック 右:TGネイルシンカー

オーナーばり公式「バマスフック」詳細ページはこちら

レインズ公式「TGネイルシンカー」詳細ページはこちら

 

トーナメントクローラーのネコリグには、「デコイ」さんのボディーフック4番が絶対的な信頼度です。

デコイ公式「ボディーフック」詳細ページはこちら

1 / 4
次へ