ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

おかぴ~岡隆之の秋エギング爆乗りシークレット作戦公開!

エギング&イカメタル特集

秋エギングの本格シーズンにいよいよ入りますよね!

さて、そんな中、シーズンに先がけて、秋エギングの最新テクをガッツリ取材するべく、あの「おかぴ~」こと岡隆之さんを実釣役に迎えて、オカッパリ動画ロケに行ってきました!

そんなロケで岡さんが見せてくれた秋エギングのスペシャルテクをご紹介します!!

おかぴ~岡 隆之(Takayuki Oka) プロフィール

「おかぴ~」の愛称で人気のエギング歴17年のエキスパートエギンガー。バス釣りから釣りにハマり、その後、20歳頃から、当時黎明期にあったエギングにドップリ! 破格のランガン力を誇ることに加え、見た目とは裏腹に!? 超理論派で、ハーフテンションフォールや独自のカラー理論など、新たなエギングの世界を開拓し続ける次世代エギンガー! 現在はアジング、チニング、メバリングなどライトSWゲームにも夢中。釣り以外の趣味はキャンプ、素潜り(シュノーケリング)などで根っからの外遊び好き! 昭和57年生まれ、大阪府出身&在住。

 

多段ジャーク【シャクる回数を多めにして、アピールを強化】

岡さんが秋エギングで釣果アツプを狙うために、ぜひみんなにやってほしいこと、として挙げてもらったこととは…。

「とにかくシャクル回数を多くしてみてください」というモノでした。

 

1セットのシャクリ動作中に5-6回はシャクリを入れてほしい! 10回でもOK

ちなみに、みなさんはシャクリ動作1セットの中で、エギを何度シャクリますか?

恐らく一番多いのは2-3回だと思います。

 

岡さんいわく、1回(1セット)のシャクル動作中に2-3回シャクルだけでは、イカへのアピールが全然足らないとのこと。

できれば、1セットのシャクリ動作の中でシャクリは5-6回は入れてほしいとのこと。場合によっては10回でも全然OKとのこと。

岡さんいわく、エギンガーが思っているほどイカはエギを見つけていないことが多いそうで、とにかくシャクりの回数を増やして、エギの存在をイカに知らせて挙げるのが釣果アップに確実につながるとのこと。

ちなみに、水深が深いトコロであれば、上方向へシャクリ、シャロ―系なら横方向に大きくエギを飛ばして数多くシャクってほしいとのこと!

 

 

ドシャロ―のゴロタ場には、思っている以上にアオリイカはいる!

さらに岡さんが秋エギングで釣果UPを狙うための秘策として教えてくれたのが…。

「エギンガーが想像している以上に浅い場所にイカがいる」ということ。

秋は水深1-2mぐらいのゴロタシャロ―もイカの好スポットとして狙うべき!ということは、多くエギンガーが知っているとは思うんだけど、岡さんいわく、さらに浅いゴロタドシャロ―、例えば水深1mアンダー、50cmアンダーのゴロタシャロ―でも普通にイカがいるので、自分の想像している水深よりも、さらに浅いトコロも攻めてほしいとのことでした!

 

 

秋の新子サイト攻めでアオリイカのエギへのアタック法を勉強する!

秋エギングで釣果を上げるために、岡さんがオススメするのは、新子の見えイカの釣りを通してでアオリイカのエギへのアタック法を勉強する!という方法。

岡さん自身、エギングのテクを磨くにあたって、秋の見えイカ釣りの経験が非常に役立ったそうな!

どういうアクションでイカが興奮するのか?だったり、警戒心を持ちながらもエギに寄ってくるアオリイカが、実際に抱くまでにどれぐらい時間がかかるのか?だったり…。

 

新子のサイトでキャッチしやすいイカとは?

新子のサイトフィッシングをしていると、反応が悪くても、ついつい粘ってしまいますよね。

どんな個体、反応を見せるイカがキャッチしやすいのか? 岡さんに効いたところ…。

「エギを追ってレンジを上下してくれる見えイカが一番キャッチしやすいです」とのこと。

 

岡さんいわく、とにかく、新子のサイトフィッシングを真剣に行うことで得られる知識は、春イカや、ブラインドの釣りなど、様々あエギングで役立つので、ぜひみんなにもやってほしいとのこと!

もちろん、必要以上のキープはせずに勉強&楽しんでほしいとのことでした!

 

エメラルダス( EMERALDAS) プロフィール

エギング黎明期の2005年にデビューしたダイワのエギング総合ブランド。ロッド、リール、エギ、ライン、エギング周辺アイテムなど、最先端のテクノロジーやノウハウをつぎこんだエギング、イカタックルを続々と輩出中