ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

永野総一朗「琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第61回」

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第61回

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!
放水による琵琶湖の水位上昇で流れが生じてボイル多発!

台風10号が過ぎ去り、再び琵琶湖の水位が増加! それにより放流量も15t→300tまで上昇しました。

幸いウィードがそれほど減った印象もなく、濁りが広がり少し魚を騙しやすくなった感じです。

さらに! 発生した流れにより、各流れの屈折ポイントではボイルが発生、ボコボコ状態となっておりますっ!

たまらんばいスポットを探し出すポイントは流れの屈折ポイント

流れの屈折ポイントとは、北から来た流れがぶつかって方向を変化させるポイントのことを言います。

例えばポツンと生えたウィードの北面や、浚渫の南壁など。

毎年時期によって、有効な屈折ポイントは色々変化するのですが、今最も熱いたまらんばいスポットは、ぶっちゃけると、ディープホール南壁と東壁です。

もう、朝から狂喜乱舞なボイルをしています。しかし! スイッチが入っているため簡単に食うかと思われますが、これがかなりセレクティブ!

捕食しているベイトにサイズ感を合わせて3in〜4inクラスのワームや、表層系i字プラグのジジル【バンタム】をボイルに向けてバシっとキャスト!

出典:シマノ公式ジジル詳細ページ

アクション方法は、ストップ&ゴーや、軽くトゥイッチしてフォールさせるなどです。

キャストが上手く決まると反応してくれます! ボイルしているバスをより反応させるには、ボイルに向かって「正確に」「遠くへ」「迅速に」「ライナー気味に」投げれると、尚良しです!

放流が続く間は何よりも強いパターンかと思います! この間に是非 南湖へ出撃しましょう!!

 

今週のたまらんポイント【ノーシンカーとジジルのタックルセッティング】

ノーシンカー使用タックル

ロッド:マッカ レッド61XULST【ハイドアップ】

リール:19ヴァンキッシュ2000【シマノ】

ライン:ガノア アブソルート3Lb~4Lb【バリバス】

ルアー:ウープス80mm【ハイドアップ】

デスアダー4in(チビアダー)【デプス】

ヤマセンコー3in【ゲーリーインターナショナル】

カットテール4in【ゲーリーインターナショナル】

 

ジジル使用タックル

ロッド:マッカ レッド69L【ハイドアップ】

リール:19ヴァンキッシュ2500HGS【シマノ】

ライン:ガノア アブソルート5Lb【バリバス】