ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

衝撃!極薄設計のジグヘッドケース「スリットフォームケースJ」2019年9月上旬登場!

アジング特集

2018年のリリース以来、ライトゲーム界に衝撃が走ったタックルケースをご存知でしょうか?

そのアイテムとは「ライトゲームケースJ」。

びっくりなのはこの薄さ、ズボンのポケットに余裕で入る、厚さわずか18mm。

アジングをはじめとする、ライトゲームには欠かせない、小さいサイズのワームを収納するタックルケースなんですが、思わず「薄っ!」と言ってしまうほどのスリム設計です。

しかも、蓋にはワームスリップ加工を採用。痒いところに手が届く、ライトゲーマーのためのタックルケースです。

しかも、この薄いタックルケース、ジョイントが可能なんです!

背面同士をスライドさせると、簡単にセットできます!

これでも厚さ32mm、薄い。

ちなみに仕切り板は15枚付属です。

サイズは175×105×18mmで、価格は600円(税別)。

そんなライトゲーマ御用達の「ライトゲームケースJ」の兄弟分が2019年秋に登場します!

「スリットフォームケースJ」

そうです、「ライトゲームケースJ」のスリットフォーム版です。

スリットフォームとは、ジグヘッドを差して収納するマットのことです。

実際ジグヘッドを差すとこんな感じになります。

美しい!こうやって収納すれば、ウエイトも一目瞭然。取り出しやすさも半端ないです。

もちろん、「ライトゲームケースJ」と同じく、スリム設計。ジグヘッドを差すためのスリットフォームの高さが必要なので22mmですが、それでも十分な薄さです。

そして、当然ですが、ジョイントができます。

「スリットフォームケースJ」同士でも、「ライトゲームケースJ」ともジョイント可能。

「スリットフォームケースJ」のサイズは、175×105×22mm、価格は800円(税別)です。

「ランガンシステムボックス」シリーズの「VS-7080」の中皿に「スリットフォームケースJ」を置くとこんな感じです。スッキリ!

ということで、さらにライトゲームが楽しくなる新しい収納のご紹介でした!

発売は2019年9月上旬を予定。ライトゲーマーのみなさん、楽しみに待ちましょう!

関連記事

ライトゲームケースJ【MEIHO】ライトゲーム愛が深すぎる超薄型&ジョイントもできるワームケースを紹介