ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

実は簡単お手軽!ロックフィッシュゲーム基礎講座【ターゲットはキジハタなどハタ類やカサゴほか】

寄稿:木山弘章

木山 弘章(Hiroaki Kiyama) プロフィール

シーバス・メバル・チヌといった海のルアーフィッシングを特に好む1988年12月生まれの海無し県民。 最近は特に魚を釣る数やサイズ以上に釣り方や釣るまでの過程に重きを置き、「価値のある一匹」との出会いを求めて様々な釣り場を走り回る。一番好きな釣り方はデイのトップゲーム。 釣りのほかに車などのメカも好きで、過去にはインプレッサSTIやFD RX-7を操っていたこともある。 好きな食べ物はハヤシライス。嫌いな食べ物はレーズン。

みなさんこんにちは! 木山弘章です。

今回は、今まさに熱い釣り!ということでロックフィッシュゲームについてご紹介させていただきます。

ダークスリーパーでキャッチしたキジハタ

 

ロックフィッシュが多く生息する場所とは?

まずはポイント選びですが、ロックフィッシュという通り、、下の写真のようなゴツゴツとした岩場や海藻が生える場所が狙いめです。

またテトラポットや堤防などのマンメイドストラクチャーも有望。そういった場所にはエサとなるエビやカニなどの甲殻類や小魚などのベイトが寄りやすく、ロックフィッシュたちも多く生息しています。

 

ロックフィッシュの釣り場というと険しい磯などを連想する人も多いようですが、場所によっては堤防絡みなどの比較的安全なポイントでも多いので、女性や子供でもチャレンジしやすい釣りだと思います。

 

 

ロックフィッシュゲームでオススメのルアー、リグは?

次にルアーの紹介をしたいと思います。ロックフィッシュは先ほど言った通り、主に小魚や甲殻類などを捕食していることが多いです。

なのでそれを踏まえてルアーの形状などを選んでいくのがオススメです。

釣った魚が一度に吐き出したベイト

 

使用ルアーは2~3inchのソフトベイトがオススメです!

ロックフィッシュゲーム多用する定番ルアーは、2~3inchサイズのホッグ系やカーリーテールワームのテキサスリグ。

ポイントごとで反応するモノが違ったりするので、形状やカラー、アクションの違うモノなどを用意し、反応をみながらローテーションしています。基本的には最初は、形状、動き、カラーとも派手なモノが、気づいてもらいやすいのでオススメです。

 

ちなみにカラーですが、ロックフィッシュに関して僕の考え方は、その日の当たりカラーを探すために選択&ローテするというよりも、管理釣り場のマス相手のようにカラーや形状を変えることで好奇心も食欲も旺盛な魚を飽きさせない、といったイメージでローテーションしています。もちろん水質や天候によってその日の強い色があるので、ベストなカラーを探るためにも反応を見ながらまめにローテーションするのがオススメです。

ソフトルアーを使う際ですが、テキサスリグやそのほかのリグを使う場合でも、根掛かり回避能力の高いオフセットフックを使うとストレスなく釣りができるのでオススメです。

 

ブレードの付いているルアーやダークスリーパーなどのスイムベイトも有効です!

そのほかで、ロックフィッシュ狙いで実績が高いのはマキッパ【メガバス】などのブレードの付いているルアー。

メガバスのマキッパは(10g)(20g)(30g)(40g)と4つのウエイトがあるため水深や流速に合わせて最適なものをチョイスできるため使いやすいです。

メガバス公式「マキッパ」詳細ページはこちら

 

あと、ロックフィッシュは口が大きく丸のみするような食い方をしてくるため、根がかり対策も施されているバス用の小型スイムベイト「ダークスリーパー」も扱いやすくてオススメです。

メガバス公式「ダークスリーパー」詳細ページはこちら

 

 

ロックフィッシュを狙うためのタックルセッティングについて!

続いてタックルですが、僕はスピニングタックルとベイトタックルを使い分けています。

スピニングタックルは飛距離が欲しい時や、軽めのルアーを繊細に動かしたい時に使用。一方、ベイトタックルは近距離狙いや根が荒く掛けたらすぐに浮かせたい時に使用しています。

 

ロッドの長さは7ft前後が扱いやすく、あとはポイントの足場の高さに合わせて選ぶと良いです。

リールはスピニングリールで2000~2500番程度でメインラインはPE0.6~1号程度を使用し、中層からボトムでルアーを動かすため、リーダーは水なじみの良いフロロカーボン12Lb~16Lb程度を選んでいます。

ポイントによっては根の荒さも違うため、根が荒いトコロでパワーファイトをするベイトタックルではメインラインをPE2号程度にリーダー20Lb~25Lbを使用してもいいと思います。

イメージとしてはライトなシーバス用タックル、チニングタックルといったところでしょうか。

魚のアベレージサイズによってはメバル用のタックルでも十分楽しむことができますが、根に潜ろうとする力は想像以上に強いので潜られないように注意が必要です。

 

最後に

ロックフィッシュゲームは、ホントにゲストフィッシュも多く、上がってくるまで何が釣れているのかわからないドキドキ感と、強い引きを味わうことができます。

また最初にも書きましたが堤防などでは女性や子供でもチャレンジしやすい釣りなので、家族やカップル、友人なんかと楽しく釣りに行くのにピッタリだと思います。

ぜひ、外遊びを楽しむ1つの候補としてロックフィッシュゲームへ出かけてみてはいかがでしょうか!