ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

鯛ジギングでタングステンジグ。アシストフックに迷ったら真鯛スナイパー

スーパーライト、マイクロジギング系では、タングステンジグが活躍するシーンも非常に多いですよね。

マダイをメタルジグで狙う、いわゆるタイジギングでもそうです。

ただ、小さなジグは、特にまだ釣り経験の浅い人からするとフックの選択が意外と難しいモノ。

アシストラインが長過ぎたり、ギャップが広すぎたりするとジグを抱いてしまいます。

出典:がまかつ

コレ、がまかつのアシストフック真鯛スナイパーは、そういったタングステンジグにイイ感じなのです。

もちろん使用するジグのシルエットにもよりますが、小さなジグに対して幅(ギャップ)も広すぎず狭すぎずでトラブルが非常に少ないフックなのです。

出典:がまかつ

ちなみに、タイプF(フロント)とタイプR(リア)があり、それぞれに、実際にアクションさせた時にベストなバランスになっています。

タイプFは1/0。アシストラインのPEは15号。カラーはシルバーで2組入りで550円。

出典:がまかつ

タイプRは#2、#1のラインナップ。こちらもPE15号、カラーシルバーで2組入りで550円。

出典:がまかつ

タングステンを使いたいけどアシストフックに迷うって時には、とりあえずコレ!でも安心できると思いますよ!

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。