ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

イヨケン伊豫部健プロデュースのバス釣り用フック関連アイテムを全紹介

B.A.S.Sトーナメントをはじめ日米のバスシーンで活躍を続けるイヨケンこと伊豫部健さん。

伊豫部健(Ken Iyobe) プロフィール

日本とアメリカで活躍するプロアングラー。アメリカのB.A.S.S.バスマスタートーナメントに参戦中。2014年には世界最高峰バスマスターエリートシリーズに昇格。超ポジティブな性格で常に新しいことに挑戦し続け、バスフィッシングの楽しさを伝え続ける人物でファンも多い。株式会社KIOB 代表取締役。1979年生まれ

伊豫部さんといえば、自身の豊富な経験を元に、いろんなアイテムをプロデュースしていることでも知られています。

さて、そんな中で、今回は伊豫部さんの釣りの心臓部ともいえるフック(ラバジなど含めて)に関連するプロデュースアイテムをまとめてご紹介したいと思います!

ちなみにいくつぐらいあるかといえば…9個あり!

 

 

 

まずはワーム用フック関係から!

ハイパートルネード

ワームを真っすぐさせ、ワームの持つアクション性能を損なわないよう開発されたのが、イヨケン渾身のスクリューロックフック「ハイパートルネード」。

ハヤブサ公式「ハイパートルネード」詳細ページはこちら

特徴

○フッキング性能を高める「オリジナル段差」

○貫通性能がアップする「フッ素コーティング仕様」

○セットし易く抜けにくい「テーパードワームキーパー」

○バルキーワーム対応の「ワイドゲイプ設計」

○若干外を向く絶妙な鈎先角度

 

 

 

 

ハイパートルネードウェイテッド

「ハイパートルネードウェイテッド」はイヨケン渾身のシンカー付きスクリューロックフック。

大きな特長は、シャンクのウェイトポジションがやや前重心に設計されているトコロ!

こうしてあるのは実はいくつか理由があるんです!

まずスイムベイト系ワーム使用時などで、スイミング姿勢が安定するため。

また、フォール時もワームがやや前傾な姿勢の方が自然かつ自発的に泳ぎ、バスの本能を刺激してくれるからという理由もあり!

あと、ファーストリトリーブ時した時に水平姿勢になりやすくレンジキープしやすくなるからとのこと!

「リトリーブ時」・「フォール時」いずれの場合でもこのウエイトポジションが有利に働くそうな!

ハヤブサ公式「ハイパートルネードウエイテッド」詳細ページはこちら
特徴

○セットし易く抜けにくい<テーパードワームキーパー>

○貫通性能がアップする<フッ素コーティング仕様>

○フォール姿勢を安定させる、やや前重心に設計した<ウェイトポジション>

○バルキーワーム対応の<ワイドゲイプ設計>

○フッキング性能を高める<オリジナル段差>

 

 

1 / 5
次へ