ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スーパーライトジギング発祥の地・伊勢沖発信!イサキを中心に狙うS.L.Jのテクニックを伝授!!【ガンクラフト】

ジギング特集

前回、タックルについてレポートしましたので次は実釣に関してお伝えします。

前回の記事はコチラ

中川 真一(Shinichi Nakagawa) プロフィール

ガンクラフト・COSO JIGモニター。ジギングの楽しさを色々な年代の人達、特に子どもたちと共有すべく、地元伊勢志摩・志摩沖を中心に釣行。

まずは表層から

ここで紹介するのは通常のS.L.Jタックルでの釣り

志摩沖に於いてほぼほぼ年中餌釣りではイサキはターゲットなるの ですが、 この時期になると様々なフィッシュイーターが浅瀬に小魚を追い込 み始め、次第にイサキも食性が変わり、積極的に小魚を捕食し始めます。

意外に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、 イサキも他のフィッシュイーター同様に表層付近に小魚を追い込み 、ボイルを誘発、多発します。

これらは青物などのキャスティングゲームと同様に鳥の動きをみたり、ナブラを追いかけたり、ベイトボールを探したりetc… してゲームを進めていくので、 キャスティングロッドを持って行くとロングレンジのアプローチもでき、有利にゲームを展開できます。

しかし今回は「 普段あまり持っていかないなぁ」、「 遊漁船によっては持っていけないなぁ」という場合の「通常のS.L. Jタックルでの釣り」を紹介していきます。

焦らず狙うべし

距離が取れない分、やはり間合いを詰めての勝負となりますが、 魚の活性が上向きであるのは間違いないので、 いいアプローチが出来ればかなりの確率でバイトに持ち込めます 。

まずは何よりは焦らないこと^_^

状況を観察して1投1匹を目指します!!

まずは着水直後のバイトに備え、バイトがなければリトリーブ開始!

ナブラの形にもよりますがキャスト後、着水の前にベールを返し、 着水した時にはラインのスラックがない状態を心掛け、着水直後のバイトに備えます。

バイトがなければリトリーブを開始( この間のタイムラグはほとんどありません)。

ストップを入れるなどして小さくフォールを入れたりシンプルに狙っていき、魚のレンジが外れたと思えば素早くピックしてナブラが継続していればキャスト。

リトリーブに関しては焦ってどうしても早く巻いてしまいがちですが、イサキの場合はベイトが水面及び水面直下をユラユラと傷付いて泳ぐイメージでリトリーブスピードを調整することがよりバイトを得るコツです。

リトリーブした時にジグのテールがバタつき過ぎないスピード。

もしくは小さい連続したトゥイッチでのリトリーブ。

こちらはアシストフックがラインに絡んで(エビらない) しまわないように入力の力加減の調整をします。

ラインのスラックでブルブルさせるというよりも、 小さい連続した動きで小気味よく動かせる感じです。

ロッドはアンダーハンドでのキャストが多くなるので手返しと操作 性を加味してGC-OKSLJ S640-Mをチョイス。

表層を探ったら次は中層を狙います(次のページへ)。

1 / 3
次へ