ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【池内修次の毎日イカ曜日♪】リアルパタパタ「手長エビ大会参戦記」

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

リアルパタパタ!
手長エビ釣り大会に参加

今回のイカ曜日は、前回お伝え致しましたリアルパタパタこと、手長エビの情報をお伝え致します。大阪では手長エビ釣りの大会があり、それに参加してきた時の様子をお伝えします。

大会当日は、前日までの大雨・強風の影響で淀川は濁りがきつく、当日までも強風は吹き続け非常に釣りをしにくい状況でした。

朝一に大会の注意事項やルールが説明され、すぐに皆さん思い思いのポイントに移動される中、私は先日のプラクティスで調子のよかった会場前に陣取りスタート!!

やはり満潮の時間だけあり、開始から30分位は全く釣れず、参加者の方達とお喋りタイム(笑)。

そうこうしていると、まずはじめに足元で小さいながらも1匹ゲット。その釣れた周辺を見てみると、ゴロゴロした岩や大きなネットみたいな物が沈んでいました。

今から引潮になると推測し、ここにいる手長エビが深い方へ移動する通り道を狙い撃ちしようと決めたのが正解で、同じポイントで釣れるは釣れるはの大騒ぎ!

手長エビの通り道を狙い撃ち!

それでも、そう長くは続かず、どんどん潮が引くに従いエビも移動していき、絶えずポイントを探さないと釣れ続かない状態でした。

皆さんは、あっちに行ったり、こっちに来たりを繰り返されていましたが、私は最後まで自分のポイントを移動することなく狙い続けました。

11時の帰着ギリギリまで釣りをして、ウエインをして釣れた匹数を数え全体重量を測ってもらうと…。

合計25匹、ウエイト133gで、その時点では入賞なんてできるとはもちろん思ってもいません。ところが、下位から匹数とウエイトが発表されると、第3位の報告で名前が呼ばれ、今大会最高匹数だったことを伝えて頂き、総ウエイト133gで見事に3位をもぎ取ることができました。

念願のクリスタルトロフィー。総勢52名が参加する手長エビトーナメントでしたが、皆さん本当に楽しそうに参加されていたことに、私も童心に返ったみたいに楽しませて頂きました。また来年も参加し、テッペンを狙いたいと思います。

大会運営のフィッシングジャンプさん、並びに関係者の皆さん、参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね!!

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」