ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オンスタックルうらら「現場イズム」ジグ単アジング・オカッパリ現場レポート(実釣動画も配信)

連載:オンスタックルうらら「現場イズム」

こんにちは、オンスタックルの「うらら」こと浦 満晴(うら・みつはる)です。

うらら(浦 満晴)(Mitsuharu Ura) プロフィール

マナティーやワインド釣法でお馴染み!オンスタックルの「釣り担当」。メインの仕事はとにかく現場で実釣を行い、その経験&ノウハウを製品作りに役立てること! 連載タイトル通り、まさに現場イズムを貫いているアングラー! 実際、春夏秋冬1年中、旬のSWターゲットを追い求め壮絶なランガンを繰り返す生活を送っている。ワインドゲームは大好物だけど、犬はチョ~苦手!

今年は例年に増してライトSWゲームを楽しんでいる日々が続いているのですが…。

 

この日は急きょ、アジング動画の撮影に行くことに!

潮時を確認すると夕方から上げ潮で潮位、そして日没後の潮の動きも問題なし。

当日は、シンプルな軽量ジグヘッドリグ(ジャックアッパーアジつくし1.9 inなど)でチェック。

しかし、最初に向かった沖向きに面したポイントは反応が薄く、日没後の最高のタイミングにかろうじて1匹キャッチしたのみ(;^_^A。

これはアカン…。

と、いうことで約1時間で見切りをつけ、港内の常夜灯ポイントに移動することに!

 

さぁ、後半戦はどうなん?

と、キャストすると1投目から反応あり!! テンション急上昇♪

やや深めのタナにアジを発見!

足元付近ではなにやらアジっぽくない引きの魚がヒット! ゆっくり抜き上げると小型のアコウ(^^)

深めで反応がなくなれば今度は表層付近にアジの反応!

アクションをスローにすると小メバルがよくアタル!

面白い♪♪

 

難しい事は一切考えず、いろいろ試してみて反応を楽しむ(^^)!

アクション、タナ、リトリーブスピード等々…。

 

そんな中、今回のキーポイントは2つ!

今回のキモ  その1【ジグヘッドの重さ】

0.6gで狙っていたところ、手返し良く深めを狙うため0.8gにしてみるとアタリが激減。「0.2gの差」が悪い方に大きく影響。 ちなみに当日はどのタナを狙う時も0.6gがベストでした。

 

今回のキモ  その2【アジつくし 1.9 inのカラー】

ややクリアな水深、常夜灯下という事もあり もっと好反応なカラーがあるかも?と、あえて釣れているカラー「ピンクグリッター」を変えてみるとに。

ホワイト系・・・ダメ。

そしてアジングで人気のあるクリア系・・・・ダメ。

ピンクグリッターに戻すと1投目から反応あり!

そう! この日はピンクグリッターの独壇場だったんです!

 

と、撮影は順調に進み90分弱で終了(笑)。

今回のアジの釣果!

 

 

そんなこの日の動画はこちら! チェックいただけるとウレシイです!

良型アジが好調! 世界一、柔らかいワーム 「アジつくし」で狙う 漁港アジング 編

出典:YouTubeチャンネル「oztackle」

 

●今回の釣りのタックルデータ●

ロッド:カスタムロッド6.3

リール:ダイワ 18イグジスト FC LT 2000S-P

ライン:YGKよつあみ チェルム アンバーコード SG D-PET 1LB

リーダー:YGKよつあみ GP Z_0.6号

ジグヘッド:アルカジックジャパン ジャックアッパー0.6g

ルアー:オンスタックル アジつくし1.9 in(AJT9 ピンクグリッター)

 

WEB連載 オンスタックルうらら「現場イズム」毎週  火曜日 配信!

過去の連載記事はこちら

1 / 2
次へ