ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ツインテールリンガー3.8inchのカバーネコリグ(スナッグレスネコリグ)】最新カバー撃ち食わせリグを詳しく紹介【寄稿by村上仁】

ツインテールリンガー3.8インチのカバーネコリグ(スナッグレスネコリグ)の使い方と誘い方

ゴミ溜まりや消波ブロックなどのカバーに入れるだけ

さて、使い方や誘い方ですが…。ホント簡単! このリグをゴミ溜まりや消波ブロックなどのカバーに入れるだけです。

ゴミ溜まりを撃つ際は、まずゴミ溜まりにキャストし、リグがゴミに乗ったら、シェイクしてゴミをほぐしながら沈めてください。入れた後はロッドを小刻みにシェイクしながらボトムまで落としてください。

消波ブロックでは、着底した後は手前に向かってシェイクまたは、ブロックの穴撃ちで使用してください。ブロックの外側をシェイクで誘い、こぼれたブロックも狙うことができます。

バスが食ったらラインがギューーっんと一気に走ります♪

カバーの中を自由奔放に泳ぐ無警戒なエビを発見したら、食べてしまいますよね。

 

ちなみに、ここぞ!と思うカバーで、カバーネコが中に入らない時は、ゆっくりとカバーに近づいて、竿の先端をカバーに突っ込んでリグを入れています。それでもバスが食べてしまうほどのワームです。

 

ツインテールリンガー3.8インチ水中アクションや解説ムービーもぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

究極に人為的プレッシャーがかかるプロトーナメントでツインテールリンガー3.8インチには助けてもらっています!

2019年4月下旬に開催されたJBマスターズ第2戦(三重県 三瀬谷ダム)は、2日間の試合の内、出場者の半分がゼロ申告といった厳しい試合でしたが2日間共にバスをキャッチさせてくれたのツインテールリンガー3.8インチ

 

私と同じエバーグリーンのフィールドスタッフの正木プロは2019年JB霞ヶ浦シリーズ 第1戦(3月17日)、第2戦(4月14日)でツインテールリンガー3.8インチも使って、上位入賞(6位、3位)を果たしました。ちなみに第1戦の出場選手の70%がゼロ申告、第2戦では60%がゼロ申告であった厳しい状況でした

 

これからの時期にオススメなツインテールリンガー中層シェイクをご紹介

最後にこれからの時期オススメの、ツインテールリンガー3.8インチの中層シェイクを紹介させていただきます。

やることは簡単! オーバーハングの枝や、ブッシュ、レイダウンの枝にラインを絡めて、中層付近までこのリグをシェイクしながら沈め、中層で一点シェイク。

この釣りは、春のプリスポーン期の浮いているバスや、アフターの縦スト等に付くバスに対して圧倒的な破壊力を持ちます。水中の姿勢はこれ。

アフタースポーニングの個体が増えるこの時期、中層や何か物に依存する個体が多いので、杭や橋脚といった縦スト=魚が上下に移動しやすいストラクチャーを見つけたら、ラインを軽くストラクチャーに引っかけて中層付近で誘ってみてくださいね。

ツインテールリンガー3.8インチのカバーネコは、野池や川、リザーバーなど、陸っぱりやボートフィッシング問わず効果的なので是非とも試してみてくださいね。

 

 

 

 

カバーネコリグのタックルについて!

カバーネコリグ攻めでのオススメタックルはこちら!

Rod:ファクト HFAC-511MHST

Reel:アルデバランBFS XG

Lure:ツインテールリンガー3.8インチ

Line:バスザイルマジックハードR 8〜12lb

 


エバーグリーン公式ヘラクレス ファクト HFAC-511MHST 詳細ページはこちら

 

ネイルシンカーを挿入しているといえど比較的軽いセッティングなので、それを、狙ったスポットに正確にキャストすることができるファクトのHFAC–511MHSTを使用しています。

このロッドは5フィート11インチのショートレングスなので、細かい枝が絡むカバーにもねじ込めることに加え、枝などがごちゃごちゃしているエリアでバスを掛けても、ロッドを動かした時にロッドティップの先のラインが枝などに絡まないようにファイトすることが可能なのも特徴の1つ。

また、50cmを超えるバスもカバーの中から引きずり出すことができるミディアムヘビー級クラスのバットパワーが、さらにアングラー主体のファイトを可能にします。

さらに、5フィート11インチといったショートレングスのロッドによるアクションのしやすさはもちろんのこと、ソリッドティップを採用しているため、ワームにナチュラルなアクションを加えることができます。

これらの特徴が、このリグにバチッと合っているので僕にはなくてはならないロッドです。ソリッドティップについて、より詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

■FACTソリッドティップモデル ロッドコンセプト
https://www.evergreen-fishing.com/special/concept_rod_fact.php

2 / 3
前へ 次へ