ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

加木屋守・マーモ「CAST TO GLORY」#12 リボルテージのバックスライド系がどこでも活躍中

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
毎週日曜日配信!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

#12 リボルテージのバックスライド系がどこでも活躍中

皆さんこんにちは‼︎6月に突然ですね♪

今、マーモはJBTOP50遠賀川戦のために福岡県へ来ております。

試合は来週の金曜からですので、しっかりとプラクティスして準備を整えたいと思います。

皆さんまた応援よろしくお願い致します!!

どこのフィールドでも活躍してくれたのがリボルテージのバックスライド系ワーム

そして、遠賀川に来る前までは長良川や早明浦ダムと各地を回っていたのですが、どこのフィールドへ行くにも活躍してくれたのがリボルテージのバックスライド系ワーム。

少し前にも紹介させてもらったワームなのですが、ここ数日はかなり夏っぽい感じになって来ました。

バスがより流れが効いたところや、シェードを求める季節となってきたところですが、まだまだアフター傾向が多いのも6月。

フワッとさせられるワームをシェードや縦ストラクチャーなどにしっかり落としていく釣りが重要となる季節です。

そんな状況で有効なのがこのリボルテージのバックスライドワーム。

このバックスライドワームに関しては以前にもルアーニュースRの記事で紹介しました!

水中での滞空時間がポイント

水中での対空時間がキモなこのワームはオーバーハングなどにキャストした際、そのシェードの中でゆっくりとスライドしてバスにアピールできるバックスライド系ワームなのです‼︎

シェードに浮いてるバスはボトムよりもカバーの下に浮いていることが多いため、フォールスピードが早すぎるものだと見切ってしまう恐れがあります。

これから夏にかけては水通しの良いオーバーハングなどにバスが集まりだす時期ですのでよりこいったバックスライド系ワームの出番が増えそうです。

ウェイテッドリグでのスパイラルフォールも◎

基本的にこのリボルテージバックスライドワームはバックスライドセッティングで使用することが多いのですが、縦ストラクチャーに対してピンスポットでタイトに落としていきたい場合はウェイテッドリグの3/0をつけるとスパイラルフォールしてしっかり攻めることも可能なワームです。

後はフリーリグやライトテキサスなど今までのバックスライドではなかなか出せなかったオールマイティーなバックスライド系ワームとなっています‼︎

7月ごろ発売予定!

7月をめどに発売予定ですので、皆様もうしばらくお待ち下さい(笑)

夏のカバー撃ちまでには発売できるかと思います♪

それでは、JBTOP50遠賀川戦で優勝目指して頑張って来ます!!