ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

マーモ加木屋 守が手がけるバックスライドワーム「FC-4.0」とロッド「REV-C68MH」がジャッカルの新ブランド!リボルテージから登場予定

「Revoltageリボルテージ」

創業20周年を迎えたジャッカルから新たなバス釣りブランドとして登場するのがリボルテージ

ジャッカル公式リボルテージ詳細ページはこちら

 

このリボルテージでは、日々変化、進化するバスフィッシングに対応できるよう、新たな釣り!新たなテクニック、新たなトレンド!を柔軟に生み出すべく誕生したジャッカルの新ブランド!

これまでは、新しい釣りを表現する形としてはルアー単体、ロッド単体という形で登場することが多かったと思うんだけど、このリボルテージではルアーとロッドをセットにし、新しい釣りがシステマチックな形で紹介されるとのこと!

ちなみに今年、リボルテージのメインキャラとつとめるのは新進気鋭の3人のアングラー!

さてそんなリボルテージから2019年から新しい釣り・メソッドがいくつか登場なんだけど、今回はその1つをご紹介!

それは…

 

 

「マーモ加木屋 守 (かぎやまもる) のカバーバックスライド攻め」

マーモ加木屋 守 (かぎやまもる)さんが紹介してくれる釣りは、マーモさんが得意としているバックスライド攻め!

ちなみマーモさんが得意とするバックスライド攻めは、ちょっと特殊で、バックスライドの幅を重視するのではなく、時間で仕掛けるバックスライドカバーフォールメソッドなんです。

その攻めを快適に行うためにリボルテージから、マーモプロデュースで新型のバックスライドワームとロッドが開発されているんです。

 

ショートムービーもぜひチェック

 

 

まずワームの方からご紹介!

FC-4.0inch(仮称)

このワームはバックスライドの距離ではなく、水中を漂う滞空時間を重視して開発が進んでいるワーム。

飛距離に直結するマテリアルのソルト比重は高いままキープしつつ、偏平ボディ形状にすることで滞空時間を長く保てるようになっているそうな!

ちなみにボディ上部はノンソルト、下部が高比重ソルトイン素材となっていて、安定した姿勢でフォール!

またフォール中にナチュラルな誘いができるように、テール部にはかなりたくさんの、水になびく系のパーツがデザインされています!

 

 

 

1 / 3
次へ