ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水野浩聡のワンモアフィッシュ】今回のテーマは「ベジテーション攻略!本格化間近」

連載:水野浩聡のOne more fish

毎週木曜日配信

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

今回のテーマは「本格化間近なベジテーション攻略」

こんにちは‼︎ 今週は連日30度オーバー。天気ももの凄く安定していて、夏を思わせるようなアウトドア日和が続きましたねー。
北海道では39度を超えるなど、これはさすがに異常さを感じましたが、しっかりと気温と水温が上がってくれたおかげで、水中のバスたちも結構釣りやすかった印象。
やはりポストスポーンということで、水温が上がり、そして穏やかな日が多い方が圧倒的に食わせやすくなりますからね‼︎

先週の連載ではヒシモの話をしましたが、ここにきてアシやガマ、ヒシモが日に日に成長し繁茂するようになってきました。

当然バスもそこに入り込むようになるので、ファイボス3インチのフリーリグ、スピンガヴァチョなどのフロッグなどはこれからさらにパワーアップしそうな予感。

 

これから梅雨にかけてはフロッグやバズベイトなどの表層パターンがアツくなりそうですが、日によってはハマりづらい日も!

特にこれから梅雨時期にかけては、フロッグやバズベイトといった表層系のパターンが熱くなり、今週は僕自身もとある取材でフロッグゲームを満喫してきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日と一昨日は、アングリングバス取材でした☆ * 大河川の岐阜県長良川を陸っぱりによる攻略。 * こういった大河川を陸っぱりで攻める上でキーになることを全て明かしてきました。 * 陸っぱりでは、魚が岸に寄らないと勝負すらさせてもらえないので、そういったタイミングも含めて、シーズナルなポイントセレクトだったり、ルアーセレクトだったり。 * 全てが噛み合った今回のロケ。 * 4本での長良川での自己MAXウェイトの7キロオーバー。 * しかもスピンガヴァチョフロッグのみという、大好きな水面の釣りでの会心のゲームでした。 * そして昨日の二日目は川の様子が激変。この辺も川の釣りの面白さやと思います。 * どういった瞬間にハマって、どういった瞬間にハマらないか…。 * というのが、はっきりと色濃く分かる内容です。 * 紙面でも動画でもご覧いただけると思うので、楽しみにしててくださいね。 * このゲーム性が最高にオモロイのです。 * * #アングリングバス #ロケ日 #長良川 #スピンガヴァチョ #jackall #アドレナ267ml #shimanofishing_jp #フロッグゲーム #水野浩聡 #hiroakimizuno

水野 浩聡さん(@hiroaki_mizuno0902)がシェアした投稿 –

 

しかしながら、いい感じのローライトだけど、それが何日も続いて、逆に水温が落ちてしまったり、冷たい雨がまとまって降り続くような状況だと、表層には出にくくなったり、せっかく出てもミスバイトに悩まされるなど、フッキングまで持ち込めないこともしばしば…。

 

冷えて上まででない時はブレイクブレードやスーパーイラプションなどレンジが下げれてカバーに強くリアクションも狙えるルアーがオススメ

梅雨時期にこれから突入するので、ローライトは期待したいのですが、トップに出すためにはそれなりに水温が上がらないと出てくれないので、冷えて上まで出ない時用に、ブレイクブレード3/8ozやスーパーイラプションJr.3/8ozなどの、レンジを下げれて、ベジテーション周りをストレスなく巻いてこれ、リアクション効果の高いルアーを持っておくと便利ですね‼︎

これらのルアーは比較的波動もデカイので、雨で急激に濁りが入ったタイミングなど、とにかく急激な状況変化に対して強いルアーたち。

 

先日のオカッパリでは田んぼの濁りが入る中でブレイクブレードが活躍

今週、陸っぱりに出撃したタイミングでは、雨後で田んぼの濁りが入ってしまっている状況下で、ブレイクブレードが活躍‼︎

同行者が50アップを引っ張り出してくれました‼︎

急激な濁りが入ってしまった今回の条件。

増水と濁りで、バスは間違いなくシャローへと足を進め、ハードなものに寄り添ったり、ベジテーションに入ったり…。

そこを撃ち込んでいく釣りも確かに有効で、最終的にはフォローとしてやっておきたい釣りの1つではあるんですが、濁った時こそこういった波動の強いものを一回通しておくと、急激な状況変化のおかげで普段なかなか口を使わせづらい特大サイズをも釣っていけるチャンスだったりします。

 

これから雨が多くなる季節では陽の当たり方や水温などに応じてルアー選択するのが間違いないです!

これから雨の多くなる季節。
蒸し暑いローライトならば、間違いなくトップウォーター、フロッグを投げるべき。

連日雨が降って水温低下気味なら、スーパーイラプションJr.ブレイクブレード

 

それに対するフォローとしてファイボス3インチのフリーリグ。

とそんなアプローチを心がけてもらえたらなと思います‼︎

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

 

1 / 2
次へ