ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【琵琶湖実釣動画】TAK三宅貴浩がロクマル含めデカバス連打!【2ケタ釣果】

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

琵琶湖プロガイドとして大活躍されているTAKこと三宅貴浩さんの実釣ロケの動画がルアーニュースTVのYouTubeチャンネルで公開されました!

なんと今回のロケ、たった1つのワームとリグですべての釣果を叩き出したんです!

それがHPシャッドテール3.1インチのショートダウンショットリグ!

これに関しては以前記事で紹介いたしました。

記事はコチラ

【デカバス2ケタ】三宅貴浩のハイプレ時の切り札!HPシャッドテールのショートDS

動画ではショートDSリグの三宅さんのリグり方の紹介もあるのでぜひご覧くださいね!

ロケ当日の展開

まず朝イチはシャローカバーから探っていくことに。

三宅さんが一番最初に選んだのはラトリンブリッツMAX。


出典:O.S.P 公式・ラトリンブリッツMAX商品ページ

かなりタイトにカバーへキャストを繰り返していきます。

タイトにリーズギワやカバーにラトリンブリッツMAXをキャストしていく

しかしクランクに反応はなし。どうやら巻きではないようです。

そこで同じエリアをテキサスリグで撃ちながら戻っていくことに。

使用したのはドライブビーバー3.5インチの5gテキサス。


出典:O.S.P 公式・ドライブビーバー商品ページ

ヘビーカバーもどんどん撃ち込んでいきます。

しかしまたもや反応なし。

横の動きにも縦の動きにも反応はありませんでした。

ということは…プレッシャーが高いのか…!?

ハイプレッシャー時の三宅さんの切り札登場!

クランクとテキサスで探ったエリアは陸っぱりからも狙えるかなりのハイプレッシャーエリア。

ロケ当日も平日にもかかわらず朝から何人もの陸っぱりアングラーがロッドを振っていました。

気温や水質からしても魚が出てもおかしくないような状況です。

しかし三宅さんにも周りのアングラーの方にもアタリが出るような様子はありません。

やはり相当なプレッシャーが掛かっていたのでしょう。

そこで三宅さんが取り出したのがハイプレ時の切り札として昔から愛用しているというショートダウンショットリグ!

リーダーは10センチほどでシンカーは3.5g、ワームはHPシャッドテールの3.1インチをセット。


出典:O.S.P 公式・HPシャッドテール商品ページ

するとさっきまでの静寂が嘘のように最初の反応がスグに!

ついに姿を現した1尾目!HPシャッドテール3.1インチのカラーは三宅さんオススメのモーニングドーン

そこから始まった連発劇…

さきほどまでの無反応が嘘のように次々にバスをキャッチしていく三宅さん。

2尾目は余裕の50センチUP!

3尾目!モーニングドーンが炸裂しています

4尾目!すこし可愛いサイズも口を使ってしまうHPシャッドテールの3.1インチ!

ついに5尾目!しかもまた50センチUP!!

なんとここまですべて午前中のみ、シャローエリアのみの釣果です(笑)

あえて釣り方を1つに絞る…!?

「今日はあえてこのリグ縛りで1日やりきっても面白いかもしれへんね!」

通常、取材において「釣り方を縛る」というのは大変なことです。

状況に合わせて攻め方を変えられないというのはアングラーにとってかなりの枷になることはみなさんにも想像していただけると思います。

しかし、HPシャッドテールのショートDSならシャローだけでなく沖でも釣れるという自信に溢れている三宅さん。

三宅さんも僕もこのときには完全にテンションが上がってしまっていたので(笑)、本当に使うルアーを1つに限定することにしました。

(これで沖でも釣れればヤバいロケになる…)

しかし僕はこの決定をしたあとも不思議と不安はありませんでした。

釣れるという確かな自信をもつ三宅さんをみると安心感があったからです。

次のページでいざ沖へGO!!

1 / 2
次へ